<< | main | >>

2010.11.23 Tuesday

祝日。大人の遠足に行くぞお前ら!というフミアキさんの呼びかけに応じて早朝から秋の宮ヶ瀬ダム参拝ツアー。道はおおむねスムーズで、紅葉目当ての行楽客で賑わう宮ケ瀬湖にあっさり到着。某アレの名所である橋から紅葉を眺めて、湖もそれなりに満喫しましたが、紅葉もいいですけど俺達はダムですよダム!!ということで宮ケ瀬ダムを見るぜ!と移動移動。堤体の上から攻めるルートは駐車場の規模がやたら小さく一杯なので、大きな公園になっていて駐車場が大きい、下流側ルートから攻める事に。

宮ヶ瀬ダム 相模川水系広域ダム管理事務所|モア!ダム:宮ヶ瀬ダムの関連施設

下流側ルートだと愛川第2発電所、石小屋ダム、導水路から愛川第1発電所、そして宮ヶ瀬ダム堤体までを余す所無く味わえる感じで上から攻めるよりも実はオトクなルートだったりする。もう石小屋ダムだけでもヒャーヒャー言ってるのに、本チャンの宮ヶ瀬ダムが山間から顔を覗かせただけでもう大興奮ですよ。何だこの大人たちは。でかい建築物はもうそれだけで心浮き立つものがありますね。またこのダムがなんというか男前なんだ。男前ダムってのも基準がようわからんが、格好いいのは多分男前なんだ!

SANY0057.JPG SANY0063.JPG SANY0066.JPG SANY0071.JPG SANY0138.JPG ほら男前。

堤体の下を通る通路を通って堤体の上に上がるエレベータを使用。堤体の上から真下を眺める事が出来るのだが、明らかにキ○タマキュースポットですよこれは!高所恐怖症の人には正直色々な意味でたまらんスポット。雨上がりのせいか空気が澄んでいて遠く横浜のランドマークタワーまで見えた。ダム関係者の方によればあれが見えるのはこの時期でも滅多に無いんだとか。これはラッキーだ!

SANY0107.JPG SANY0100.JPG SANY0102.JPG SANY0107.JPG SANY0127.JPG ヒョー!

さて来たルートを戻るわけだが帰りはエレベーターではなく堤体を見ながら斜めに下りられるというダム野郎にとって贅沢仕様のケーブルカー、インクラインで降下。公園まで戻ってとりあえず腹が減ったので遅めの昼飯だ!と北上して相模湖に向かう。相模湖を眺めながら蕎麦とか食えるiz家御用達のお店があるのでそこで。おそばうまうまコンニャク串うまうまだったのだがそこに住み着いていると思われる猫が丸くて恐ろしく可愛かったのでそっちの印象が強かった…。天気もちょっと崩れてきたし相模湖畔巡りは別にいらんねーということで帰路に着いたのだが、途中にもう1つ素敵ダムがあるんですよ。城山ダム。

ダム浪漫−城山ダム

堤体の上を国道413号が通っているというこれがまた実用的極まりない素敵ダムなんですが、1門開放して放水をやっていた!観光放水じゃなくてちゃんと運用の上での放水なので遠慮無くドザーっと出てます。ここも展望台みたいなのが堤体向かって右側にあるので放水の様子をガチで見ることが出来る。これがまたダム自体が6門のメイン放水路を持つメカっぽい美しさというか、宮ケ瀬みたいに華はないけど質実剛健というか実用に特化した美しさ。駐車場に戻る際にカップルとすれ違ったが、彼氏の手には結構なスペックの一眼が…ガチでダム写真撮りに来たか!こういうカップルは間違いなくいい人生を歩めます!お幸せに!!!(余計なお世話)

SANY0169.JPG SANY0178.JPG SANY0191.JPG どばー

フミアキさん家まで戻って少しだらだらして夕飯食って解散。あー面白かった。次は本格的に早起きしてリニアだろうか…冬だから色々としんどいのは事実だが。そろそろ開業してほとぼりも覚めた羽田の新国際線ターミナルと城南島コンボもまたいいかもしれん。大人の遠足はまだまだ続く。

Trackback URL


Trackbacks

車を買った時から行こう行こうと思っていた宮ヶ瀬ダムに行ってきました。 九州旅行の疲れ残りと天気が心配だったんですが、紅葉のタイミングでどうしてもここしかないと強...

Comments

Comment form