2008.01.31 Thursday

キャプチャ道は修羅の道、そう思っていた時期が俺にもありました。
まぁ、今もそうなんだけど。

オーディオマニアやビジュアル機器マニア、そういった「終わらない戦い」がキャプチャマニアにも当然あるわけで、良い画質にするためにソースに気を使い、取り込んだら取り込んだでパラメータを小一時間いじってはエンコードして…の繰り返し。恐るべしキャプチャ道。PV4を購入してしまった以上は俺もその道に関わらざるを得ない(やっぱりFLVエンコでも神画質とか狙ってみたいよね)のだが、まぁそれはおいおいやっていくとして、早速別件でPV4の出番が。

秋葉原で行われる愉快痛快クラブイベントSS|EXのVJ素材提供とかそんなんです。内容的にはおそらくトップバッター、sakさんのパートで使われるものじゃないかなー。Xboxからの出力をキャプチャして10分のプレイ動画。もちろん丸々は流れないだろうから1曲分くらい?ようわからんけど楽しみにしつつ見に行きたく。世界6位くらいの記録動画でしたので参考にしたい方は是非イベント冒頭からdress Tokyoにイン!13時スタートです!(一応宣伝)

出来上がったDVファイルが1280x720pの30fpsで、10分間で13GBの大きさになりました。アレ、思ったよりは小さい…かなぁ。それをDivXでバランス重視(要はデフォ設定)でガツっと同解像度でエンコして終わり。1時間くらいかな。DivXにしてもソースが良いのであんまり見分けがつかない。サイズは1.7GBくらいになりました。VJ素材としてそのサイズは適当なのか?という気はしないでもないですが…本当はD2で4:3の出力が適当だったらしいけど後の祭りでそれはスマンということで。今度やるときはちゃんとD2でやろう。

キャプチャ時に落ちたかAviutlでの編集からエンコ時に落ちたのかは知らんけど、時折パッとコマ飛びする瞬間があるんだよなー。大急ぎで作ったので、HDDデフラグしてなかったり、ディスクアクセスしそうな常駐モノを切ってなかったり、エンコードオプションの内容をまだ良く理解していなかったりで、その辺を徐々に改善していく必要があったりで、やっぱり難しいなぁ色々と、と思うわけです。こういうのは実際やってみんと身につかないもんよねと実感。

やーそれにしてもこういうので試行錯誤するのは楽しい。
まぁ上を見たらキリがないので程々に遊んでみようと思います。

2008.01.30 Wednesday

人間思い込むと何をするかわからんものだ。

以前キャプチャデバイスとしてUSB接続でS端子入力が出来るやつを嫁のアイマスメモリー用に購入したのだが、それだと画質が今ひとつだしゲーム中の映像をWMEで配信したり高画質で録画したり出来ないじゃない!それで録画してニコニコさんに上げたって「糞画質乙」とかコメント書かれて終了じゃない!そんなのイヤ!塊魂のプレイ動画とか綺麗に録りたいの!……という思いを悶々と抱えていたところでうっかり価格コムでPV4のとこを見てしまい、しかもたまたま入荷していたとこだったようなので勢いつけてポチっとなしてみた。高機能のHDDレコーダ買うより全然安い安い!とは俺の弁。でも実際これが2万てのは素晴らしいよな。

DSCF5548.JPG どうやら最近は入手しやすくなったみたいですコレ。

PV4は音声が光入力なので、あーそういやうちのマザボさんはオンボードサウンドに光出力出てないしどーすんべ、と思ったが、色々なスレを見ているうちに玄人志向のEnvy24系サウンドカードが3000円しないしアナログ入力をパススルーして光に出せるぜイヤッホウ、ということだったのでこいつも購入。マザボのPCIバスはPV4とENVY24HTS-PCIで埋まり、双方の光入出力端子がケーブルで直結するのであった。

DSCF5552.JPG アナログのLINE-IN端子と光デジタル出力がミソ。

あとXboxからのD端子出力をどうTVと分配するか。PVツールのプレビューで見てもあんまり遅延はないんだけど、バーチャみたいにフレーム単位の戦いになるとちょっと辛い。リアルに「レバー入力が3フレ遅れるんだよね!」の世界になってしまうので、大人しくソニーのSB-RX300DというD端子分配器を買ってみた。

DSCF5540.JPG 4入力3出力のイカス奴です。

というわけで映像信号に関してはXbox→SB-RX300D→PV4&TV、という出力になり、音声に関してはXbox→SB-RX300D→ENVY24HTS-PCI(A)−ENVY24HTS-PCI(D)→PV4という感じで入ってくるのであった。まぁアナログ入力している時点で音質がどうとかじゃない感じではあるが、PS2とかの映像も入れる事を考えたら汎用性は持たせておいた方がよかね。Avisynthを使ったWMEでの動画配信も試行錯誤の末、なんとか出来てVF5の対戦動画も人に見てもらって問題なさそうなので、これでようやく我が家でPV4が本格稼動というわけだ!入力した映像は当然のことながら美麗で実に素晴らしい。クッキリハッキリです。ニコ動なら「画質wwwww」とかそういうコメが入るところです。やー面白い買い物をした。

今日はもう遅いので、明日からぼちぼち使い込んで行こうと思います。
まずはワークスペース用にHDD空けないと!

2008.01.29 Tuesday

698207574_215.jpg そうだ、京都行こう。まぁそこから乗り換えて奈良ですが。

お仕事で奈良に出張に行ってきましたよ。日帰りで僻地まで…どんだけ遠いっちゅーねん。京都までは新幹線で一本で、そこから乗り換えて近鉄奈良へ、んで目の前の商店街で昼食を素早く取ってタクシーでちょっと離れた目的地へ行って作業とかそういうプラン。

698274996_2.jpg

新幹線を降り、近鉄奈良へ前回と同じルートで行こうと京都駅をサッサと歩いて乗り換えて。あれ…こないだって地下鉄だったような…でも行き先には近鉄奈良あるなぁ。まあいいや610円。前回とお値段一緒だから多分大丈夫だろ……え?特急なの?指定席券いるの?まあいいや500円だし購入。到着1139かー。当初の検索は1200到着でやってたんだけどなぁ。何か前と違うなあ……

と、ここまで来て前回乗ったのは京都市営地下鉄だったことに気付いた。ああ…鉄分多めの人に笑われる…近鉄奈良に行く!ってとこだけ強く思ってると意外な間違いをするもんだな!地上駅の時点で違和感はあったんだけど。その昔、名古屋から小牧に行こうとして行き先だけ見て乗って、明らかに知らない駅が連続して間違えに気付き、岐阜で折り返したのを思い出したよ。まあ行き先が間違っているわけでもないし遅れるわけじゃないからいいんだが。うっかりもここまで来たか俺。だらだら快速とか使うと45分くらいなんですが、こっちだと15分くらい短縮できるみたいなのでそれはそれで。

お仕事はつつがなく終了。17時くらいに現地を出て、近鉄奈良に着いたのが18時前、そこから行きと同じルートで帰ったれ!と急行の指定席券をゲットして京都へ。んで新幹線チケットをパパっと取って東京へ。この手の移動にもだいぶ慣れてしまったなぁ。せいぜい東海道限定ですが。

698528233_18.jpg 夕食は近江牛弁当。しかし… oumigyuu.JPG ど、どこに!?

すんごい警戒して、おかずを穿り返して見てみたんだけどまったくもって発見できなかった!対キノコには第六感どころかセブンセンシズまで働く俺様でありますが、この見つからなさは異常なので、とりあえずひじきに入っていることにしてお茶を濁して(残して)みた。まったく不気味な存在だぜ…内容物に書いてあるのにその姿が見えないってのはよ…よそ様のページですが、ここで詳細な写真が見れます。俺が買ったのはちょっと仕様が変わっていて左上のもずく酢みたいなのが無くなってポテトコロッケになってたけど。

2008.01.28 Monday

最近とある方面に対して物欲が物凄く高まってしまい、タイミングが色々良かった事もあってちょっとお買い物をしてみた。まぁ修羅の道というか無間地獄の入り口になるわけなんですが…試行錯誤もまた楽しいということで、その辺の成果は後日色々と日記のネタになると思うので自分でも楽しみだ。

アフタヌーン、世界の孫終わっちゃったね…残念だが、とよ田みのるの新連載が始まった!あの読みきりで以前掲載されたピンボールマンガが連載になった!これは面白そうだ!っていうか面白い!あと篠房六郎が学園物で復活という予想外の展開。これはこれで続きが楽しみだ!もう第一回から相当にひどい内容になってるけど。

2008.01.27 Sunday

本日はあの新宿CODEが閉店してしまうということで、ハードコア各方面より一堂に会してのお別れパーティだ!てな次第でして、ENERGIZE & HARDCORE BABY'S REVENGEに行ってきました。久々の新宿CODE。相変わらずの音響だなー!セカンド!もうレベルがレッドゾーン近くなるたびにプチプチ言ってもう末期!用事もあったので、チャンプさんまで見ておいとましました。

CA370014.JPG この看板を見るのも最後。

やー、CODEって箱は自分が初めてハードコア専門のパーティでハピコアを回して、ホーンが鳴って俺感激、といった思い出がある場所なので思いいれもそれなりなのですが、やっぱり環境面で色々と目に付く部分もあり、お客さんの数だってあの規模の箱で採算は取れないだろうなぁ…という感じでもあり、閉店もやむなしなのかなぁとも思います。キャパ1400というのは都内でもほとんどお目にかかれなくて、agehaがそれに近いくらい?まぁとにかく最大級の箱だったという印象。

何度も言いますがCODEは非常に音響が残念な事になっており、メインはそれなりにPAの人も頑張って、そりゃもうちょくちょくフロア中央で音の出方をチェックしている姿を見てますから、うーん調整だけではどうしようもない部分もあるんだよなーと実感してました。何だかんだで要所要所にはお金をかけないと良い箱は出来ない。維持も出来ない。その維持の部分において経営陣はどうにも無関心だったんだろうなぁ、と外野の人間として思う。税金対策で赤字経営してるなんて話もあったけどあながち嘘でも無い気がしてね。(真相は知らんから、あんまり信じないでね)

セカンドは…あのブースに立つとわかりますが機材がもう非常に残念な事になっていて、ボロッボロのRODEC MX180に涙しました。それでも頑張るPAの人たちは本当にリスペク邸だってあれでも結構聞けてたんだもん。スゲエよ。CODEが閉店したら、他の箱で仕事をするのかな。他人事かもしれないけど今度は音にコダワリのある中規模の箱でお仕事できるといいな。ちゃんと音響のプロとして働けるといいな、そう願ってやまないのです。

あの場所は今度どうなるのかな。新宿リキッド跡地がディスコになってしまったように、きっとどうでもいい店が出来てしまうんだろうな。設備とか雰囲気とか色々あるけど、思い出がある場所が消えるのはやっぱり色々と思うところあるのです。うーん、寂しいとはちょっと違うなぁ。やむなしか、みたいな諦めというか。

DSCF5530.JPG このフロアに立つのも最後。
DSCF5533.JPG この3面スクリーンを見るのも最後。


でもあそこに集まったダイナモやジャックのクルー、そしてずっとそれを支えていた常連のお客さん、そういう人たちが今後新宿を離れ、きっとまた別の場所で、同じような面子で、何か面白い事をやるんだろうなー、やりたいなーとは思います。俺が出来る事はいつか来るそういう日までに経験値を上げて関東ハードコア勢の一員に数えられるよう努力する事なのだな!とりあえずMIX録らないと!FROGMANといいCODEといい、こういう切っ掛けは大事なので早々に色々と動きたいものです。CODEでのイベントのレジデントの方々、本当に長い間お疲れ様でした。

…さてCODEを出ましてメトロ食堂街でパーコー麺を摂取し、早稲田に移動して「高岡大祐+辰巳光英+山本達久セッション」を見て参りました。生音のライブは本当に久々。もう前がいつだったか思い出せないなぁ。

CODEにて散々4つ打ちの規則正しい曲を聴いた後だけに、ついつい頭の中でリズムを取りがちなんですが7/8?15/16?すんごく判り辛い変拍子なんですが、もう数えてる間に別の拍子に変わってしまう、そういう恐ろしいセッションですので、大人しく観念して目を閉じて聞くしかないのです。音を浴びる事に集中するのが正しいのです。もう音圧が本当に凄くてひたすら圧倒されてた。ドラムスの山本さんは後半は本当に人力ドリルンベース状態で、動きが速過ぎてスティックの残像が止まって見えるとかそういうレベルでした。やー凄いもんを見た!またこのセッションは見たいなぁ。

ハードコアと生音セッション、両極端な音楽分を摂取した夜。
消化し切れるかなぁコレ。

2008.01.26 Saturday

昨夜から今朝にかけて、UNITで行われたFROGMANのイベントにお邪魔してきました。結論から言って骨の髄まで楽しめた。最前列にペターっと張り付いてたせいかもしれないけど、まぁとにかく楽しかった。

「SQ presents FINE : Frogman “Cold Sleep” Party」

さてさて俺とFROGMANというレーベルの最初の接点はと申しますと、だいぶ時代は遡って高専時代。その頃はゲームっ子でありPCっ子であり(今もあんまり変わってねぇな…)特にアクションと格闘ゲーをこよなく愛する俺は何だかんだで初代バーチャの後期からじわじわとやり込むようになり、そのままバーチャ2に突入。60fpsの滑らかな動きによるサラのハイジャンプニースタンプに衝撃を受けてそのまま一気にバーチャ2やり込み時代に突入しました。

何でバーチャ2でFROGMANなんだよと疑問符が付く方もいらっしゃるかと思いますがもうちょっと待ってくれ。千本パンチ騒動や2.1へのバージョンアップを経て、対戦シーンが熟しに熟した頃、ファミ通スタッフによる究極の攻略本として「バーチャファイター2 マニアックス」ってのが出ました。攻略本のくせに3000円くらいします。高校生にはクソ高いです。でも買いました。その頃はバーチャルリアリティとかそういう単語が実に格好良く、まさにテクノな響きとして使われていたわけですが、バーチャ2を単にゲームとしてではなく、ありとあらゆる制約を超えたツールであるとかそういう視点から見たりしようみたいなノリのコラムが各方面の著名人によって書かれて掲載されていたわけです。その中でひときわ目を引いたのがFROGMANの佐藤大の記事でした。うわーやっと繋がった。

当時は十ン年後にDJをやるなんて事は夢にも思わなかったわけですから、そんなクラブDJがバーチャ2の基盤買ってアホほど遊んでる、みたいなコラムの内容なんてのは、もう理解を超えていて何が何やらだったわけです。テクノといってもまだその頃は電気グルーヴでありリッジレーサーであり、その後ロッテルダムテクノに傾倒して(どこで道を間違えたのやら)ゆるゆるとテクノというものを掘り下げるまでは、FROGMANとは佐藤大でありバーチャファイターだったわけです。

だからFROGMANという存在を認識してからの意識的な付き合いは結構長いんだけども、実際テクノミュージックレーベルとしてキチンと向き合ったのは本当に最近の話であって、まぁ向き合ってみればあの人もFROGMANこの人もFROGMANだったのか!みたいな自分の物の知らなさ(というか調べなさ)にちょっとガックリ来た。だからそういうレーベルがさあ冬眠、と言われても個人的には思い入れ度は「うーん?」だし、でも今回見ておかないと最後だったらイヤだしなぁ、とか、後は後世への語り草になるようなパーティだったらいいなぁという期待も込めてお邪魔した次第です。

…や、もちろん今はアナログも何枚も買ってますし、Spunky ChorusとかはCDが擦り切れるまで聞いてますから、その辺の曲がかかるんだろうなぁという期待もありましたよ。

UNICEで腹ごしらえをして茶を飲んで、UNITに降りていって、TAICHI MASTERの終わり辺りからそのまま最後まで。KAGAMIは自分の曲をキッチリ使いまくってサービス満点のセット。その後のQUADRAの中の人ことヒロシワタナベがまた格好良くて死ぬる。茶箱の音響であのライブセット聞きたいなぁ!その光景を想像してか、エージさんも存分にニヤニヤしていた。んでTOBYさんのDJは久々に聞いたけど、いつも緩めの印象があったのだけれど今回は初っ端から強烈にハード!内容も大サービスやなー、14年分やなーという感じで。Microglobe / Environ-Mentalityを2回も聞くとは思わんかったわ!虹もWaterfallもかかったし、その頃メキシコさんはConte de feeかけてたらしいし、もうこれでもかとばかりに名曲がバンバン出てきましたよ。

CA370009.JPG CA370013.JPG CA370011.JPG

ずーっと俺は最前列中央に居たんだけど、やんちゃ坊主のTOBYさんが柵の上に立つわ(支えざるを得ない)、柵を乗り越えてフロアに入ってくるわ(担がざるを得ない)、やーそういった嬉しいハプニングを含めて楽しかったです。なるほど14年分、俺がテクノを知ってから実際にクラブのフロアという場所に立つまでの数年のタイムラグを少し取り戻せたかな?という気分です。お疲れ様でした。

まだきっと考えれば書くことはいっぱいあるはずなんだ。
でも今日はこれで。

2008.01.25 Friday

ちょっと日記のネタが無いのでニコニコさん紹介。



機材いいなああああああああ。EMX-1のアルペジオ適当にやっても格好いいなぁあああああああ!!カオシレーター面白そうだなぁああああ!!とこの環境が羨ましい限りなんですが、大人だし別に揃えられない事はないんですが相当の覚悟が必要な上に使いこなせる自信があんまりないので自分には無用の長物判定。でもいいいなあああああああ!!……ちゃんと打ち込みのセンスないとねぇ。



19分で27曲!この詰め込みっぷりとネタの重ねっぷりと選曲のハイセンスぶりは素晴らしい。crakkaさん辺りには是非見て頂きたいと思った。これで再生数655だなんて、もっと評価されていい。大和田りつこ→YMO→山下久美子の流れとか絶対狂ってる。もう最高。



千本パンチ分が足りない方に。全キャラ分の超絶コンボから変なコンボまで網羅されています。このアキラ動画から全部辿れるので、適当に流しっぱなしにする環境ビデオ的な扱いでも面白いのでは。見たこと無いコンボも満載でびっくらこいたわ。アキラの進歩里胯→PKG→揚炮からの流れとか。

2008.01.24 Thursday

「SEGA AGES 2500シリーズ」今後の展開やいかに!?

いきなりMSXFANという単語が出てきて吹いた。SEGA AGES2500シリーズはちょくちょく買ってますがそりゃーもう結構な移植度でマーベラスです。ただ欲を言えば、VF2はあんなにガチガチにアーケード移植じゃなくて、もうちょっと何かしらサターンにあった要素を入れて頂けると…せめてVSモードくらいは…まぁ今となっては無理なのでそれはそれで。次は何だろうなぁ、パンツァードラグーンツヴァイですかね。シューティングに定評のあるサターンですが、あのツヴァイはガチ名作なので是非PS2グラフィックで遊びたい。どんだけやったか憶えてないくらいだわ。

んでPS2版ナイツの記事が後半に載ってて驚いたんですが、サターンのグラフィック再現モードも入るのかよ!!!スゲエ!!!てっきりPS2版グラフィックで終了だと思っていたので。後はクリスマスナイツに入っていたオマケモードとかも収録されるといいなぁ。ミュージックエディットモードとか大好きだったので。

あとサターン版ナイツがワイドスクリーン対応って今知ったわ。
10年越し。

2008.01.23 Wednesday

先日IBMの無線キーボードを入手して、その快適キータッチぶりにメカニカルスイッチ機構などいらぬわヌハハハとプアPCライフを送っている俺様ちゃんなのですが、新キーボード導入前から使っているマウスのMX620がどうも調子悪かった。最初はPC背面に受信機挿して使っていたんですがどうもクリックの感度がよろしくない。コチコチコチコチ、くらいクリックしてようやくポチっと押せる感じ。あー信号届いてないのかなーと今度はPCの前面に持ってきて使ったら改善はされたのですが時折クリックが怪しい時がある。PCの位置はマウスから見て左横1mくらいの場所なので、そんなに微弱になるとは思えんのですが…

DSCF5499.JPG ……。(時間の経過を表すコマ)

もうこうなったらUSBハブ買ってきてマウスの目の前に受信機置いちゃるよ!と先日、日曜日に秋葉でサクっとUSBハブを購入しましてモニタの下に置いたら至極快適であり、ようやく本来のスペックが発揮できている気分。いいよ、MX620いいよ!最近ヨドバシ等では正月特価なのか新型が出たからなのか、4700円台で投売りされてますので無線マウス未使用の方は是非。

DSCF5510.JPG やっといい感じに。

2008.01.22 Tuesday

今日は丸1日データセンターに篭って作業でした。まぁ開発会社がサーバにソフト導入するのでその立会いみたいな感じで、仕事らしい仕事はあんまりしてないんですが、導入環境の面で色々と面倒見たり。それにしてもCDトレイでメディアをロックするのを忘れて、CDドライブとベイの間の2〜3mmの隙間にメディアをスポッと入れてしまう技術者が居る辺り、某社との付き合いがますます不安になってしまうんですが何とかして下さい。

#結局メディアはマイナスドライバーで取りました。俺が。これ作業料請求できるんちゃうか…

「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序」が4月からDVD化」

ついこないだまで細々と上映していた気がするんだけど、早かったねー。

オーケーオーケー、ガイナックスと来ればBD版が出るなんてのは百も承知の介なのは言うまでもないが、一応evangelion.netの中の人だしDVD版買っておけばいいんじゃね?って感覚なので発売が近づいたらきっとamazonさんでポチっとしてしまうのではないかと思います。HDソースのものをDVDで出すってどうなの?みたいな話もあちこちでされてますが、まぁ映画鑑賞用のごっつい環境があるわけでもなし、自宅でとりあえず見れればいいんじゃね?って人にはお手頃でいいんじゃないですかね。資料用とか。何のだ。

いやこれが特装版12800円で標準版7800円とかだとあんまり買う気が起きないんですが、なんかこう微妙にいいお値段で来てしまったもので腑に落ちたのです

2008.01.21 Monday

今日は予報では雪だったけど全然降らなくて、あーいつも通りの月曜日だヤレヤレ、と思ったら丸ノ内線が天気とはまったく関係ない停電とかいう理由でビターッと止まっており改札前は大混雑。まーどうせ動くだろうとそのまま待ってたらどんどん学生が増えてきて割とカオス状態に。結局動き出したのは9時過ぎだったりして。まぁ、デニール数が多目の女学生の黒タイツ等を慈しむ目で眺めたりしてたので、全然暇じゃなかったからOKで!!!!111

「映画評:もう一人で地球を守る時代ではない」 (上)(下)

何で韓国の映画評でエヴァが?と思ったら、そういやファンの要望により封切りが早まったとかそんな話を聞いたようなそうでないような。それにしても何でも民族の誇りとかそういう方面に持っていくなぁ彼らは、と思いつつ、日本のアニメ映画なんか真剣に見て感想まで書いて、親日派として糾弾されないのかしらと思ったりもします。

しかし最後のくだり、シンジ君、君は一人で地球を救う事を背負い込む事はないんだよ、もっと青春を謳歌しなさいとかそういうオッサンの説教みたいな部分、この人は映画のクライマックスであるヤシマ作戦を一体どう見たんだろうか。ネルフどころか日本の総力を上げて使徒に勝つ、ミサトの激励やレイの捨て身の行動やトウジケンスケの伝言とか、シンジが一人で無い事を実感しつつ戦う、友情(?)・努力・勝利の各要素がごたまぜになった話なんですが…あれで「一人で背負い込む事はない」みたいな感想が出るってのは…うーん。

世代なのか民族なのか文化なのか、まぁとにかく隔たりを感じてしまうのです。こんな感想持ってるのはこの記事書いたオッサンだけかもしれんけど。

2008.01.20 Sunday

先日コンビニ寄った際の事なんですが、女性向け雑誌がズラリと並んでおりまして、占いとか血液型とか、うーんエセ科学?と言ってしまうと非常に非モテなんですが、ホラよくあるじゃないですか「人間をたかだか4パターンに分類するな!」みたいな怒りの方向性。俺もベクトル的にはそっち成分であんまり間違ってないんですが、俺がキライなのは失敗を血液型のせいにする類の連中。

「ゴメーン遅刻しちゃった、B型だから起きれなくてー☆」

みたいなアレです。B型関係ないだろと。大雑把さとか怠惰さとか、人に迷惑かける要因を血液型に押し付ける責任転嫁ぶりが嫌いなのですよ!あの手の雑誌は女性にそういう言い訳とか逃げ道を示したり幻想を与えたりしてメシを食ってるわけですから必死なのはわかりますが…さあ書いているうちにどんどん非モテゲージが上がってきてますよ!オラワクワクしてきたぞ!そして何より気に食わないのは、この手の意見を申しますと

「あー血液型とか信じなさそうだもんねー、そういう理屈っぽいのA型に多いよね」

お前人の話を聞いてんのかキエエエエエエ!!と言いたくなるこの血液型万能な風潮。血液型分類批判派すら脊髄反射的に血液型で括られてしまうというこの入れ子構造!なんという恐ろしい事でしょう。人間を4パターンに分類する事に血道を上げる人たちによって我々は実に大雑把に扱われてしまうのです!(これ絶対どっかで聞いたことある話だわ)

…や、オチはないです。

せいぜい「モテ男子ってのは、そういう女性誌に載ってる話を『ふんふんなるほど』と興味が無くとも興味深げに聞いてるように見える男子なんだろうなぁ」って思った程度。なんだつまり聞き上手か。俺には無理。

2008.01.19 Saturday

去年末の話になるんですが、そろそろ何かしらキーボードを新調したいなー、どうせ新調するならワイヤレスよねー、ということで秋葉に行ったり吉祥寺に行ったりする用事がある度にちょこちょこ見てはいたんですが、どうもストロークとかデザインとかしっくり来る奴がなくて、何だかんだでスイッチに拘らなければ富士通かIBMのキーボードは最強であり、その辺でワイヤレス無い?と思ったらIBMのワイヤレスキーボードがメーカー直販でセールをやっていて、市販の最安値と変わらなくて送料無料とか言う素敵展開なのでマッハ注文した。

http://www-06.ibm.com/jp/pc/option/obi/nob06/73p4082/73p4082a.shtml
(今は1万円丁度くらいだけど、セール時は8500円だった)

んで正月を挟んで10営業日ほど経って今日届いたイヤッホウ!!受信機をUSBポートに挿したら、ワイヤレスマウスの受信機と重なって妙ちきりんな状態になったがまぁそれはそれで。USBハブ買って来よう…

688479779_233.jpg 688479779_252.jpg 何だかんだでIBMのキーボードは良い。

相変わらずの深いストロークでパコパコ打てて満足です。入力遅延とかも無さそうだし。ワイヤレスマウスもついていたんですが、ちょっと前にMX620買ってあるのでマウスはこれで。やっぱり入力装置ってのは一番人間に近い所ですから、時間かけていい物を選んで損は無い。ホクホクです。

2008.01.18 Friday

金曜日。今週は平日が4日間と少々短いので、あっという間に週末になるんかなぁと思ったらそうでもなかった。仕事の密度がそこそこあったからなのかなぁ。んで仕事を終わらせて駅前のファミレスで夕飯を食っていたら、すぐ近くの席に居る女子2名のうち片方がいかにもオタク女子でございと言わんばかりに早口でまくし立てるわ声は大きくて会話まる聞こえだわ、まぁ人の振り見て我が振り直せという諺にもあります通り、いい反面教師だなぁと思うわけです。

なんかニュースで調査捕鯨にキチガイ(シーシェパード)乱入、みたいなのやってますが、あれずっと追ってるとだんだん鯨が食いたくなってくる。ふしぎ!ちょっとクセあるけど美味いんだよなーアレ。ジンギスカンで羊肉食ったり、馬肉食える人なら全然美味しく頂けるんではないでしょーか。

2008.01.17 Thursday

もくようびー。風邪のウィルス的にはすっかり引いて、もう回復を待つばかりの状態なのですが喉の炎症が未だにちょっと残っていて、ハテどうしたものか。これも時間をかけるしかないんだよなー。ってことで咳を出来るだけしないようにと心がけては居ますが中々にこれが難しい。とりあえず喉飴は欠かせない感じで、職場のデスクには常に常備されております。

ちょっと思い立ってVF5の衣装をゴチャゴチャ変え始める。すごく格好いい方向のまったく逆で、とにかくこいつぁ変態だぜ…というのを作ってみたい。

2008.01.16 Wednesday

686992999_70.jpg 久々に塊魂を起動したら…

とりあえず太陽ステージ世界一はまだキープしてた。
というか誰もやっt(ry

VF5は四段に昇格。先は長いぜ。

2008.01.15 Tuesday

ようやく重い腰を上げてHardnizeのセットリストを書き上げたので公開。今回は感想日記などを併せて摂取しますとより一層おいしく召し上がれます。あるいは食あたりするかもしれないが。

ジャンル切り替えるぞ、って気持ちの部分で分割してます。
あと当日に急遽70分→80分に時間が増えたのでそこはご愛嬌。

01. Foreplay (Robimon Rmx) / Probspot
02. In Your Sleep EP (A) / The Mercenary
03. Round Sell / Hitoshi Ohishi
04. Dae / Pratap & Petter B
05. Shape / Axel Karakasis
06. Sea Side / Misjah
----
07. Impakt(Noize Mix) / Anteck
08. The Forth Chapter(B) / Clones
09. The Ninth Chapter(B) / Clones
10. The Third Chapter(B) / Clones
----
11. City Life (Marco Bailey Remix #2) / Ben Sims
12. Club Traxx Vol2 (Eric Powell Remix) / Carl Cox
13. Sonic Tools / Unknown
14. Los Hjos Del Sol / Latin Loopworks Vs. Tomaz Filterheadz
15. Kiloton / Carl Falk
16. Planet Of Drums 2007 (Cave Remix) / Tim Taylor
----
17. Mobotex / Drumcomplex
18. The Master(Cari Lekebusch Remix) / Masters of Disaster
19. Sunshine / Tomaz Vs Filterheadz
----
20. Discoteque / Wehbba
21. Murder Was Bruce Lee / Unknown

2008.01.14 Monday

ハチロクが終わって帰宅して、コンビニで買った朝飯をもそもそ食って、ちょっとmixiなどを見ていたら眠さで意識がぐらぐらしてきたので寝るかーと思って布団の冷たさに凍えつつもばたんきゅーして起きたら16時半とかで絶望した!三連休終了!んもう!ということで結局家を一歩も出ることなく備蓄の食糧でしのいで明日に備えるのであった。

2008.01.13 Sunday

秋葉スペース6.0で行われたクラブイベント、ハチロクにゲストとして呼ばれたのでちょっくら40分ばかし回してきましたよっと。

ハチロク

21:30集合で21:00前に着いてしまったので、とりあえず夕飯でも食うかーとペッパーランチで黙々と肉を食う。んでまだ時間が余ってたからHEYに寄ったら誰か居るかなーと思ったけど誰も居なかったっぽいので、とりあえず3Fに上がってVO-OMGでジグラットをトンファーでしばき倒して丁度いい時間になったので会場へ。まだ会場が空いてないらしくみんな1Fのエクセルシオールに居た。んで21:30に閉店で追い出されてジプシーになるかと思いきやなんとか会場入りできたので設営設営。

DSCF5490.jpg DSCF5492.jpg

手作りイベントは設営が楽しいやなー。開始10分前くらいになってもメインの方が完成してなかったりで色々とありましたがなんとか15分押しでスタート出来たのは何より。あれだけ色々な人が集まってノートラブルで済むのはそうそうないから、まぁ収まった方じゃないんでしょうか。

メインがライブアクト多目に対してサブフロアはお馴染みのDJたちによる割とガチなパーティ状態でして、対比が実に面白いっていうかどっちに行っても何かしら面白い、そういう状態が作れてて良かったんじゃないかなーと思います。当初心配していたメイン→サブへの音の流入もそんなに酷くはなくて普通に踊れる程度で安心。主催は上の店との戦いでピリピリしておりましたがとりあえず最後まで出来たのが何より。

俺のセットは相当に悩んでたんですが、まぁBUILD-UPとTIGER TRACKはとりあえずかけるとして、後はもう俺の好きなもんかけちゃおう!と開き直った結果Pシリーズ(大ネタばっかりのマッシュアップレーベル)ばっかりになりましたっていうかテクノウチ君に「P多すぎですよ!」って突っ込まれたけどみんな好きだからいいよネ!!!まぁ細かい事はキニシナイ。時間帯的にメインの方に人が行っちゃうかなーと思ったけど、20分くらいやってふと顔を上げたらかなり多い人数居てびっくらこいた。途中でわっとさんに託された虹+Pontapeのマッシュアップ(ひどい)を最後にかけて俺のお役目終了!面白かったまたやりたい!

まぁしかしどのDJも全員絶好調でして、誰が出てきても優勝、優勝、ああもう全員優勝でいいよ、みたいな気分にさせられる、どのアクトも見逃せない素晴らしい展開でした。みんなひどい!最高!っていう褒め言葉が似合うんじゃないかなー。話す人話す人みんな興奮してた。なんだよこれ全部凄いよ面白いよ、って。DJ陣で話しててもみんな凄い凄いって言ってて、あれだけの人数集めてこう凄い事になるってのはもう奇跡みたいなもんじゃないかなーと思いましたよ。

もうホント最前線という感じだったので、会場に行けた人は周りの人に話したりblogにて感想を書いてあげてください。行けなかった人はそれを見て次回へのモチベーションを上げてください。それが主催者のモチベーションになって次回に繋がるので!終わった直後、朝6時ですが全然眠くなかったなぁ。オールナイトイベントでここまでパッチリだったのは久々です。まぁ自宅に着いてからはグラグラしてましたが。

参加者の皆さん、主催の皆さんお疲れ様でした!
もう今から次が楽しみでしょうがないわコレ。

2008.01.12 Saturday

3連休の初日。今日はTAK666くんとゆづきくんがオーガナイズするパーティ、Hardnizeということで70分というロングセットの時間を頂いてやって参りました。録音とかあるらしいんでそのうち自分のトコは公開できると思うんですけど、結論から言ってとりあえず合格点。ちゃんとパーティの流れに沿った「二番手セット」が組めたなーってのがその大きな理由で、AQUAくんへ程よく温かい状態で渡せたんじゃないかなーと。

DSCF5404.JPG DSCF5415.JPG DSCF5423.JPG

今回二番手で70分という情報を基に、頭の中でどのようにセットが出来上がったかといいますと、まずピークタイムのテンションを100として、ゆづきくんは多分50〜60のラインで渡してくるはずだと。では俺はAQUAくんにどう渡せばいいのかっていうと大体75〜85くらいの気持ちだぞ、と。んで70分あってずっと同じ方向のハードテクノだと多少飽きが来るはずなので大体セットを3分割して、これに上記のテンション数値をあてはめると…

0-----10-----20-----30-----40-----50-----60-----70(分)
55---60---65---65-------70----75----65--70--75--85(テンション)
(A)----------------(B)------------(C)--------(D)----

本当はテンションのとこは曲線描けばいいんだろうけども…こんな感じの展開が脳内にあって、セットを組むって作業はこの展開にピタリはまるレコードを自分の手持ちセットから探す作業なのだ、という感じです。パズルのピースを探す作業に近いんだけど、大体手持ちのピースの色とか形とかはわかってるので、脳内である程度あの曲使おうとかこの曲使おうとかはあるんだけども実際忘れてる曲も多いのでジャケットとレーベル見て「あれ、そういやこれ使えなかったっけ」ってタンテに乗せて試聴する時間が多い。そこはトリ頭ですから。

で、3行目のアルファベットは何かと言うとジャンルです。ハードテクノの中でも更に細分化して色々あるので、どう飽きさせないか、を念頭に入れて色々と変化をつけてみないといけない。この場合ですと(A)からの30分程度はゆづきくんからの流れを受けて徐々に上がるテクノ、堅めのゆったりとしたテクノ曲ってのを中心に入れる。(A)パート後半はCLONES等を入れて遊びつつテクニカルに攻めたいという部分。DJっぽい遊びの部分を入れたりとか。

んで(B)はお馴染みのトライバルテクノ。少しテンションを上げてパーティっぽく、派手になる部分です。んでトライバル地帯を抜けると今度は(C)パート、ここはトライバルで上がりすぎた部分をちょっと抑えて、でもピッチは更に上がっていく、少しメロディー入れてもいいし硬質のミニマルトラックで渋く攻めてもいいですね、という割とテクニカルタームなフリーゾーン。選曲のセンスが問われますが俺はUK HARDHOUSEとかそっちの方面に攻めがち。あとHELLHOUSE方面とか。

最後の(D)は次のAQUAくんに向けて一気にテンションを上げていく部分。いわゆるシメの2〜3曲で、ネタものや俺アンセムを投入して一気に雪崩れ込みたい、そういう気持ちが表れる選曲になります。今回はPシリーズのMurder Was Bruce Leeが最後になりました。みんな大好きなネタだよねやっぱり。そういうニヤニヤ出来る曲を最後に持ってくるのが好き。思い出ってやっぱり最後に起きた事が一番強く残るからね。

とまぁこんな感じで作ったセットを持っていったわけでして、非常用に更にネタものを5枚くらい用意してったらちゃんとB2Bで役に立ってくれたのでバッグに入れて使わなかったレコードはほんの数枚でした。無駄が無い。本当はもうちょっと余裕があったらいいんだけどね。大量に入るハードケース持ち歩くのはフットワークが落ちるのであんまり好きじゃないんだなぁ。ここは性格の問題。てなわけでセットもキチっと現場にハマってくれて、MIX精度もまぁ悪くなかったし音を楽しめて遊べたので合格点でした。

以下個人の感想。

ゆづきくんは毎日テクノに触れてるだけあって、渋くていいトラックをいっぱい持ってらっしゃる。基本はやっぱり今流行の部分を取り入れた徐々に上がるエレクトロで、茶箱の音響にもマッチしてた。グラスがビンビンと音を立てる程度に低音が心地いい。最初来たお客さんはあまり多くなかったけど、だからこそあのお客さんたちは贅沢な遊びが出来てたんじゃないかなーと思うわ。ちょっとゆるめのスペースでユラユラしながら重低音エレクトロ。いいじゃないですか。最初ちょっと精度が頑張れー!ってとこあったけど、あれは現場の音響にどう対していくかを考える事でどんどん改善されるはずなので回数やりましょうっていうか2回目やりましょう。

AQUAくんは何ヶ月か前のクラビのイベントの時も一緒にやったんだけども、テクノ楽しんでるなぁという印象。選曲は非常に俺に近い部分があって、どうも今回も何曲か被ってたみたい。初っ端からMURDERネタで俺のボケに更にボケを重ねるという大技で一気にフロアを掻っ攫った後はひたすらアグレッシブに攻めていて、しまいにゃシュランツまで飛び出すというなんというフリーダム。フリーダムなのはいいけど最後のオチは用意しておいた方が良かったよ!そこは一応後の人というか主催を立てましょうやwww肝の据わったDJプレイが見てて爽快でした。現場慣れしてるなぁ。

TAKくんは俺の知らない曲をいっぱいかけてて、ゆづきくんとはまた違った方面で勉強家なのだなぁと思いますよ。いい意味で繋ぎ目が見えないDJプレイでラストのピークタイムを飾るにはうってつけのセットだったんじゃないかなぁと思います。PCDJの制約なのか、ちょっと中高域が大きいというか少し耳にくる部分があって、抜け切らない音だったかなぁ、というのが何箇所かあったりして。あるいはKPを何台か通してるからかな?という気もしないでもない。過渡期の技術なのでその辺はもう人がカバーするしかないんですけどね。あとはガチガチにセットを組んだ後、非常用の曲ってのは10曲くらい用意しておいた方がいい、ってのと、主催はもうちょっと堂々としてていい。最後にキチンと〆が出来る事は重要です。お客さんはスッキリさせて帰さないと!!(not性的な意味で)

なんだかんだで、非常に面白いパーティに参加させて貰えて嬉しかったなぁ。あと佐々木リーダーは残念だったので次回燃える闘魂でひとつお願いします。今度一人60分の佐々木さん120分でいいんじゃね?とか思ったwwwまぁそれはさておきお疲れ様でした。

2008.01.11 Friday

金曜日。三連休前ということでちょっと気持ち的には浮き立つんですがお仕事はそれなりにちゃんと忙しいのでそれなりにちゃんとお仕事を致しましたとさ。マスクは一応喉を乾燥させないためにまだつけてます。まぁ今日までくらいですが。喉は安定しつつありますが乾燥に弱いので、まぁそういうことです。もういい加減に完治して頂きたいのだが!

2008.01.10 Thursday

なんか今週末は2個パーティがありまして、それぞれにお呼ばれされてます。

まずは土曜日。場所は茶箱でTAKくんとゆづきくん主催のハードテクノパーティHardnizeの2番手で出る事になりましたよっと。70分という非常にロングセットのお時間を頂いて、さてどーしたものかなーとまだ考えてるんですが、多分自分が一番慣れ親しんだハードテクノセットで参戦するのではないかと思います。すなわちCLONES多目で。いやそれはどうなんだ。

自分のDJを後から聞き返していつも思うのは、精度を上げるあまりに遊びが全然足りて無いなーってことでして、慣れ親しんだ環境の茶箱でやるからにはそろそろそういう事も考えていけないと、と思うわけですよこの2008年。精度高く混ぜて繋ぐだけならそれは「味」かっていうとちょっと違う気がするってかSYNCボタンにはやっぱり勝てないわけです。

さてHardnizeが夕方イベントで、帰宅してぐーすか寝て体力をキッチリ回復した後、夜までゆっくりと過ごしまして今度は秋葉原へ。最近出来たらしいツクモEXのお向かい、あの1階がエクセルシオールの白いビル、主に2Fと3Fの居酒屋ばっかり使ってる気がするんですが、あのビルの古本市場跡地に新しくイベントスペースが出来たらしくてオールナイトイベントやるって事でお呼ばれされました。

mixiニュースにも出てましたね。

面子を見るとこれが面白い。中々この組み合わせってないんじゃないかなぁと思いますよ。メインのカオスっぷりというかクリエーター派ライブ組で構成されたセット、かたやラウンジはDJ寄りなんですがこれまた組み合わせが面白くて、東京の幾つかのパーティをシャッフルしたような、そんな感じです。さて何を回そうかね。

2008.01.09 Wednesday

病み上がりなので大人しめに仕事をしたいところなのだが中々にこれは忙しい。早速20時まで残業とかやってるしなー。世の中の開発野郎どもに比べたら全然とかそういうのはあるんですが、仕事にはそれ相応の残業時間ってのがあってやっぱり20時っていうと俺の生き方的にもちょっとそれは遅いんじゃないの的に思うわけです。まぁそんなわけでちゃんとゲホゲホ言いながら仕事して大人しく帰宅、就寝とかそういう規則正しい生活。

2008.01.08 Tuesday

久々に起きてからも内容を覚えている夢を見たなーと思ったら、なんか凄い勢いでUSBケーブルを探す夢だった。やっと見つけたと思ったら片側がB型コネクタで、違う違う!両方平べったいやつがいいのー!ってマジ切れしてるみっともない夢だった。いい年こいた大人がUSBケーブル1本に大騒ぎ。

というわけで新年初出社!マスク完備で行きましたとも。一応人に伝染さないようにと休みを長めに取って行ったというのに、部の半分くらいの人が風邪っぴきでありお前ら咳自重、マスクくらいしろやボケー、というやるせない気分にさせられてしまったのでしょんぼりした。何をやるにしても体が重い重い。それでもきっちり残業までして帰宅したので体力ゼロ。寝ます。

2008.01.07 Monday

4日を休みにして、本当は今日から会社だったんだけど、背中が痛くてこれは…という雰囲気だったので更に1日だけワガママ言わせて貰って休んだ。しかし正月明けてからまだ1日も出社してないのは何と言うか社会人的にアレな気がするので、明日は少々無理を押してでも出る。んで結果具合が悪くなるなら翌日は休むようにしよう。明日は残務処理が多そうだ。

さて明日から体調を上り調子にしていこう。
12日と13日はオファー頂いているのよー!頑張るのよ俺ー!

2008.01.06 Sunday

嫁の付き添いですっかり調子を落としたというか6割方まで回復していた風邪をすっかりこじらせて再び発熱祭りとなっていた俺を尻目に、嫁はタミフルを摂取してキッチリ回復してあっという間に熱が平常に戻ったのであった。タミフルすげえ。んで俺はじわじわと体力を削られて「あー」とか「うー」とか言うしかない無力な子になっていくのであった。声帯を震わせると咳が出て熱が出てしまうのですよ…

2008.01.05 Saturday

土曜日。本来であればお昼までムニャムニャと寝て爽やかに目覚めた上で朝食と昼食を兼ねた食事を取り、午後はどこに買い物にいこうねぇ、夕飯はあそこがいいねぇ、等と和やかに語り合うのが正しい土曜日の姿というやつなのだ。翌日の日曜日が休みという安心感に裏打ちされたその余裕ある生活こそゆとりある人生の1ピースというわけである。

しかしどうだ、実際には嫁はベッドで高熱にゼエハアと唸り俺は睡眠不足で血走った目をしながら病院に出るための支度をし、朝の寒さに震えつつタクシーを止めて休日医療の現場にダイブするという有様。まったくもって優雅じゃない。晴れてインフルエンザA型の烙印を押された嫁を抱えてコンビニに飛び込み引き篭もり用の食料品を買い込んで再び自宅に戻ってきた時には俺もすっかり体力的に参っていたので、温いそうめんを腹に流し込んで風邪薬飲んでとっとと寝た。もうだめだ。

2008.01.04 Friday

仕事始めの日だけども大人しく休むことにした。今年は大連休が組みやすい年始になっていたこともあって、あんまり休む事に抵抗はなかったわけですが。俺は前もって抵抗力があったせいか風邪をこじらせた程度の酷さで済んだのだけれども、嫁さんが完全に直撃食らって夜半に39度オーバーのK点超えを果たしてしまったので同じく寝込んでなければいけないはずの俺が看病祭りで結局寝れなかったとかそういう。俺の方が治り始めてたから良かったものの、ダブルで39度はシャレにならんからなぁ…

2008.01.03 Thursday

昨日発症した風邪はみるみるうちに体内での勢力を拡大して、あっという間に熱が38度を超えたので大人しく寝込むことにした。秋葉に買い物行きたかったな…色々買いたいものもあったのにな…そういえば明日は仕事始めだっけ。いけるのかコレ。いやいや絶対無理だろコレ。しかし仕事始めだしなー、あーもーどーするかー、とかぐるぐる考えてひたすら寝てた。寝て起きてきしめん食ってポカリ飲んで寝て寝て寝てひたすら寝たきり生活。

2008.01.02 Wednesday

正月ということで今回は嫁さんの実家に年始のご挨拶に行くとかまぁ去年もそんな感じだったわけですが、なんか起きたら体が妙に重い。夜更かししたから眠いだけなのかな?と思ったら昼飯食ってから調子がガタガタガタガタと下がって来て、あれーなんだこれは、と思ってるうちに昼寝してばたんきゅー。いかんこれは完全に風邪の症状。

大きなイベントが終わった後だからいいけど、どうにもこれはなぁ…

2008.01.01 Tuesday

明けました。明けましたね。2008年です。平成20年です。いつも年が明けた後って、つい書類に2007年とかH19とか書きがちなんで間違えないようにしたいんですが間違えるんだよなアレ。まぁその辺も含めて、うっかりしないようにしていきたい。うっかりうっかり。

年越しは茶箱の年越しイベントで、でした。丁度昨日でプレオープンから5周年を迎えたわけで、あの時はResponseの第0回だったなぁ、とか、レンジのある場所が急ごしらえのDJブースだったなぁ、とか、SafariとTwoMonthOffが大流行だったなぁ、とか。色々と思い出ぶかいものがあります。んでその5年後、その場所でDJめいた事をやることになるなんて当時は思いもよらなかった。出番が大トリだったりして、前の人がPeterセンセでハードテクノ回してたんで、おいらはそのままピッチをアホほど上げてシュランツ回してきました。

671936915_38.jpg 中国より仮出所のシマダさんに撮って貰った。なんか「それっぽい」!

あの音響でシュランツやると、潰れたキックもいい感じに聞こえてきますな!最後ちょっとフェーダアサインの罠でトチったりしましたが面白かった。寝てた連中を叩き起こす事に成功したようです。

そんなこんなで今年もよろしく。