2007.10.18 Thursday

長野を出て10年くらい経ってる間にその信濃の国がすんごい事になってしまってる件。

お役所がこの手の伝統文化を使って「若者向きに」とか「活性化を」とかこねくり回すと妙な事になるいい見本です。こんな全国認知のされ方しなくていいよ本当にもう!トランスとユーロバージョンしかないのが不満でしょうがない!あと4番からの転調する所がスッポリ抜け落ちているのが更に不満です!(信濃の国は6番まであります)

ニコ動で「信濃の国」で検索するとPV等も出てきて非常にガックリ出来る事請け合いなので必見。なにせロケ地は長野市若里にある県民文化会館です(地元の人にしかわからん…)

長野つながりでこっちも。

「ありそでなさそな? 長野の不思議マイナー方言」

以前に「スチロパール」ネタで記事を書いていた、割と平均的信濃人マインドをお持ちの田幸記者の記事なので省略できない。昔はよく「○○さんとこにこれ持ってとんできてくれや」とか「ずくねぇなあ」とか言われたもんです。うちの親父の世代くらいまでは大体ここに載ってる方言は一通り言いますね。
1/1