2010.02.28 Sunday

週末にDJやるよ!2日連続!

まずはレジデントDJとして参加しているHardonizeの5回目。今回はトップバッターの60分セットなので序盤は派手なのを抑えてミニマル気味に、徐々に徐々に上げて行きます。まぁBPM自体は初っ端から135は超えるんだけどもね。最近は138〜145くらいの所が主戦場なので、出だしの雰囲気を壊さずどう持っていくか。こういう挑戦的なセットを考えている時間は楽しい。難しいが楽しい。成果は現場でご確認ください。

Hardonize#05 @sabaco music&cafe
2010.03.06(Sat)16:00-22:00
PRICE 2,000yen With 1-Drink ticket

●Guest DJ
+1-K(GREen/GEKKO NIGHT)

●Hardonize Resident DJ
+LZD(160/Gamsic)
+Sango(ClubVIP)
+TAK666(Cradle to Grave)
+Yuduki

●VJ Crew
+KNOCKHEADZ

Hardonizeの翌日は渋谷EFFECTでクラビメンバー主体のハードテクノイベント!今度はトリなのでもう常にBPM140オーバーのドッカンドッカンファンキーに行きたいと思います。SecoBarでやった時のセットに近いかな?最近はBeatport充しまくっているので、CD主体のセットになると思います。終了時間も22時前と社会人(俺!俺!)に優しいパーティですので是非。

TechnoHolic @Shibuya Club EFFECT
10/03/07(sun) 16:00〜22:00 Door \1,000-

16:00 - 17:10 Tomohiko Togashi ( Delights Music / 3xpansion )
17:10 - 18:20 床上中 ( Overflow )
18:20 - 19:30 Nhato a.k.a. Fukumuro Tatsuya ( evola records / Musical Madness )
19:30 - 20:40 AQUA a.k.a 774Muzik ( masterpiece records/TAQUA )
20:40 - 21:50 Sango a.k.a Yebisu ( PING )

2010.02.27 Saturday

Beatportのカートに入った曲の合計金額が30$を超えたのでチェックアウト。CDアルバム1枚買う感覚で意識的に溜め込まないようにしたり。そうしないといざダウンロードして焼く時に大変すぎる…11曲〜12曲くらいでその金額に到達するので扱い易い。

Madres Egoistas(David Moleon Mix)/Kobaya/Basics
Say What/Jan Waterman/Techment Records
The Reason/Raul Mezcolanza/Audio Family
Salome De Bahia/Raul Mezcolanza/Patterns
Fast Lane/S.K.A.T.I./Now we do Recordings
G Work/Goncalo M/Naked Lunch
Trip Too Italy/Omega Drive/Techno Artillery Records
Happy Fever/Alexey Kotlyar/Techno Artillery Records
Butterfly(Goncalo M Remix)/Omega Drive/Techno Artillery Records
Unstuck/Vox & Go/Tidy Trax
Shock Wave/Goncalo M/Sub Cult

最近はDavid Moleon、Omega Drive、Goncalo Mが圧倒的に強い。しばらくはこの3人の新譜だけでも相当に頑張れそうな気がする。ヨーロッパのハードテクノ事情はよう知らんのですが、とりあえずレーベルで押さえておけば後は自分の好みでチョイスするだけで、あんまりその辺のシーンは気にしなくてもいいかなーと。

2010.02.26 Friday

赤坂にクジラ料理がメーンの居酒屋「まごの邸」−捕鯨問題で関心高まる

シーシェパードの行動が目立つ昨今、あーたまには鯨食いたいなーと思ってふと見たこの記事。場所を見たら会社に近すぎわろた。今度フラリと行ってみるかなぁ。

【平澤寿康の周辺機器レビュー】バッファロー「SHD-NSUH128G」 〜ノートPCの内蔵HDD交換用

JMF612搭載のSSDのベンチマーク記事はあんまり見ないのでチェック。スペックはそんなに悪くなく、あの悪評高かったJMF602に比べたら段違いというレベルでマシになっているので安価で高速なSSDの選択肢としては全然アリではないかと。それにしても128GBはいらんわなぁ…もっと容量が少なくていいから安いモデルは無いかと見てみたら、SHD-NSUH32Gってのがあるのね。しかしながら最安値が18000円くらいなので、それならIntel X-25V買ったらいいんじゃないの40GBだし…と思った。

2010.02.25 Thursday

外国人参政権法案の今国会提出見送り−北海道新聞[政治]

提出したって成立したって大原則である憲法15条の「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」に思いっきり抵触してるんだから違憲立法だろうが。見送りも何も憲法改正論議無しに出来るものじゃないってことが周知されなさすぎ。現行法における外国人参政権はこの1点だけであっさり論破されてしまう、とても脆弱な法案。

あと国民とは何か?と言えば日本にただ住んでいる人、じゃない。きちんとした国籍が有るか無いかの問題。そこをぼやかすメディアが多すぎる。そこがぼけているから「日本に長年住んでいるのだから参政権くらいあげたって…」みたいなロクでも無い意見が出てくる。明確に!

2010.02.24 Wednesday

高校無償化―朝鮮学校除外はおかしい

朝日かっ飛ばしてんなー。全然おかしかねーよ。

『朝鮮学校は日本国内に居住する外国人をもっぱら対象とする教育施設とされている上に、文部科学省が定めるカリキュラムを満たしていないため、学校教育法による「一条校」ではなく各種学校として設置されている』

という日本での教育における位置付けだし、卒業しても大学受験が出来る資格は無い。日本の教育カリキュラムに従わないまま今日まで来た学校に、こういう時ばっかりカネ寄越せって政府にたかるってのはどんだけ傲慢な話なのよ。帰国準備を前提とした民族教育やってた所なんだから思想も北朝鮮寄りになるわけだし、そこに日本の政府から税金を原資とするお金が流れるのは正直どうなんだろう、と考えるのは自然だと思うのだけれどなぁ。

2010.02.23 Tuesday

国家公務員、65歳まで勤務なら人件費2割増

いや、マニフェストって普通こういう試算をある程度やってから載せるもんじゃないの?実現可能そうな範囲で公約として掲載するわけで、後で出来ないことがわかりましたゴメンナサイって言われてもそれは国民に対する詐欺行為でしょうに…まぁこれに限らず結構な数の詐欺行為を既に働いていたり国会では守秘義務を堂々と違反して利益誘導しようとしていたり、それを追求されたらしらばっくれたり…自民党に鉄槌を下した気分になっている皆さん、そのうち自分の財布に直接鉄槌が下りますよ。

ちなみに今自民が審議拒否しているのは与党が憲法違反しているのをしらばっくれながら予算案を通過させようとしているためで、国会で審議の中で追求出来ればいいんだけども、それだと「自民が審議に応じた上で通した予算案」という事になってしまう。この問題を放置したまま予算審議・決議をさせるわけにはいかない、ということです。逆にこれを放置すると民主党を支持しない地方がワリを食う小沢利権システムが成立してしまう恐れがある。

審議拒否は見栄えが良くないし事情を知らない人は「何で自民党は審議拒否なんてやってんの?与党にそこまでの問題があるなら国会で追求したらいいじゃん」と言うのかもしれません。俺もそう思うのだけれど難しい問題ですよこれは。追求したいけど国会に出れない二律背反。

2010.02.22 Monday

【西川和久の不定期コラム】ネットブックで1080p動画が観られるアクセラレータ「Broadcom Crystal HD/BCM70012」

ネットブックはあんまり使う気になれないので持っていないのですが、この手のイカモノっぽいデバイスの後付感がたまりませんなー。PC-98x1時代のグラフィックアクセラレータボードの乱発時代を思い出すのでワクワクしてしまいます。そういや自分もHD再生支援が付いてるグラボ搭載してるんだから使ってみるかなぁと思ったんだけども、その手の支援に対応したFlash Playerってまだ正式リリースされて無かったんだっけか。あとnVIDIAのドライバもそれなりにアップデートせんと…

青函トンネル、貨車積む新幹線貨車…実験車両を公開

そういや北海道新幹線ももうすぐ出来るんだなぁ、と言う事はこうやって貨物の北海道への輸送も高速化するということで飛行機頼みだった部分も地上でカバー出来るようになってくる…と言っても北海道の本州に近い側になると思うけども。JR貨物と航空会社の北海道をめぐる仁義なき戦いが勃発ということか?

2010.02.21 Sunday

自宅サーバ機として使用しているノート(Thinkpad R60e)は去年、内蔵のHDDをA-DATA S592すなわちSSDに交換したわけですが、先月くらいからちょっと調子が悪くてファイルの書込みエラーが出たりしていた。稼働時間は5000時間オーバーなのでセルの一部ブロックに不良が出てきたのか?あるいはただの論理エラーなのか?先々週の土曜日に再起動した際にとうとうOSが起動しなくなったので、その2日後の月曜日に一度綺麗にフォーマットしてOSを入れなおしたりしてみた。

OSを入れる際にAHCIモードで入れるとCDからのファイルコピー→再起動した際にそこでエラー吐いて止まる、それでは、とIDE互換モードでやってみたらあっさりOSのインストールが完了したので、S592+ICH7+AHCIの組み合わせが良くなかったのかなぁ…という何となくの結論で様子を見ることにしたのだが、金曜日に動作がおかしいのでログを確認したらボリュームが破損してるだの何だの、ディスク関連のエラーがビッチリ出ていて、ああこりゃもうS592が個体としてダメだわ!という結論に達し、仕事帰りにIntel X-25Vを購入してきた。

DSCF8573.jpg とうとうIntel製SSDが我が家に来たか。

40GBで12000円くらい、24時間稼働のサーバ機に入れるにはうってつけの容量と値段のデバイスではなかろうか。シーケンシャルライトが普通のHDD並みなのだけれどもシーケンシャル/ランダムリードとランダムライトは爆速という性質もあってサーバ機に向いてるということで。あとメーカー3年保証もあるからその辺もある程度安心感があるね。

月曜日にOSを入れ直した際にディスクイメージをEASEUS Todo Backupで取ってあったので、まずはそれをX-25Vに復元。それだけでも起動するし普通に動くのだが、S592が実容量29GBくらいなのに対しX-25Vは37GBくらいなので、復元が終わるとX-25Vに8GBくらいの空き容量が出来てしまう。1ドライブ1パーティション派の俺としてはこの領域をシステム領域のCドライブに結合して、きちんと全体を使いたい…ブートドライブだからWindows上でダイナミックディスクとして結合は出来ないし、かと言ってフォーマットしてOS入れなおすのは面倒くさい。じゃあ以前にも使ったことがあるGParted LiveCDで容量を変えてみよう!と思った。

パーティション操作専用のLinux GParted LiveCD - 特選フリーソフト:ITpro

このソフトはHDD→S592の際に使っていて、HDDからのイメージをS592に入れる際にパーティションサイズが違うのでこのソフトを使ってHDDのパーティションをS592のサイズに合わせてから移行したりしたのであった。ところがこのソフト、なぜかSSDのパーティションサイズの変更が出来ない!うーんHDDと100%互換ってわけじゃないんだなーとガックリしたところで、google先生に聞いてみたらdiskpartコマンドで出来るよ!ってことなのでそれ採用!とやってみた。

@IT:Windows TIPS -- Tips:ディスクのボリューム・サイズを拡張

diskpartは指定のボリュームと連続している空き領域を結合出来るナイスコマンドなのだが、起動しているOS上では出来ない。そこでまずはX-25Vを取り外して別のPCにUSBアダプタで接続、外付けのドライブとして認識させてそこでdiskpartを実行、ボリューム容量がきちんと29GB→37GBに拡張された(空き領域が結合された)のを確認した上でサーバ機に戻す。ちょっと心配だったブートも問題無く出来たのでこれでようやく完全復活、交換完了!いやー色々勉強になった。壊れたS592はまだ1年経ってないし、箱もあるので修理に出すとしよう。

2010.02.20 Saturday

今日は茶箱でas U like。今回は「3rd anniversary - "as WE like !!"」ということで満2年を迎え、3年目に突入のアニバーサリーパーティーでした。

各人いつものスタイルからちょっと変化球を加えたジャンルを投入してきてバラエティ豊かなイベントに。ドラムン成分がいつもよりも多めで、ああやはりサブジャンルとして皆やってみたいんだよなーあれは、とか思った。いやドラムン1本でガーっとやってる人はいい気分しないと思うんですが、ジャンルの性質上4つ打ちとはMIXの仕方も大幅に変わってしまうので4つ打ちで始めてしまうと中々そちらに移籍するってパターンは無くて、趣味のジャンルというかサブキャラみたいな扱いになってしまうんだよね。音楽としては掛け値なしに格好いいっすドラムンは。特に近年のリキッドファンクは派手さも加わって艷やかでいい!

そんなアニバーサリーイベントのゲストはDJ crakka、息をするようにポールモーリアを掛ける男!最近スクラッチを積極的にスタイルの中に取り入れるようになってますます華が出てきました。楽しかった!

2010.02.19 Friday

「政治的配慮あった」外国人参政権判決の園部元最高裁判事が衝撃告白
【主張】外国人参政権 付与の法的根拠が崩れた

国体に関わる事項をマニフェストに記載しないまま無理矢理な解釈で民主党が通そうとしている外国人参政権ですが、その推進派のひとつの根拠となっている95年の最高裁判決の傍論の作成に関わった元判事が「在日の人をなだめる為に一文入れたけど、やっぱり法的にあれはねーわ」と公に発言した重大ニュース。

傍論をよく読むとわかるんだけども、あの傍論は「外国人参政権を付与しないのは憲法違反ではない、だが付与するならば他の憲法に抵触するから改憲するならいいんじゃないの」とまとめたものであって、現行の憲法のまま外国人参政権の付与を容認するものではない、と明言したもの。それを恣意的に解釈して「外国人参政権を付与しないのは憲法違反ではないと判決が出ている!だ・か・ら!付与しよう!!」と改憲論議をすっ飛ばして無理矢理進めているのが今の推進派の状態。ムチャクチャですね。

憲法第十五条には「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」とこれ以上ない位に明確に書かれている。付与するからには現行の憲法解釈では不可能であり、これを変える必要がある。それには国民投票も必要となり、その前提として国民の中できっちり議論する必要がある。この原則論を無視しては何も進められない。国民投票の結果として改憲が決まり、正式に付与が決定するのであれば(反対票は投じると思うが)俺はしょうがないと思う。実際、ドイツもそのようにしてEU間限定の外国人参政権付与に至った。だが日本は何のプロセスも無く与党内で闇討ち的に進められているからこそ、こうやって俺はグダグダと毎週のように文句を言っているのであった。
1/3 >>