2011.07.31 Sunday

高岡蒼甫が所属事務所スターダストプロモーションを辞める事に

韓流推しの風潮を批判しただけで多くの人に糾弾され仕事を干され…と目に見える形で犠牲者が出たことで、韓流批判は学会批判や部落利権批判と同じレベルの日本のタブーに正式に昇格してしまいました。というお話。今多くの人が持ってる危機感てのは「韓国の批判をしただけで糾弾され、職を追放される世の中になるんじゃないか」ってとこだろう。そしてそれは実際に起きてしまった。

今、日本のテレビという「食卓」には必ずと言っていい程に添え物としてキムチが添えられている。時にはキムチ鍋が出たりと主食になったりもする。これが韓国なら当たり前の話だろう。でもここは日本なんだから日本らしい食事をもっと取りたい。普通に米と味噌汁と漬物が食いたい。あとおかずに焼き魚や豚生姜焼きなんかあると言うこと無いな!という感じなのだが、これに物申すと「イヤなら食わなきゃいいのに」「キムチも漬物なんだからいいだろ、食えやレイシスト!」というおかしな話になる。

じゃあ食卓にアメリカの脂っこい食品が並んでいたらどうか。「ちょっと甘すぎたりギトギト過ぎるので日本食食いたいです…」って言ったってアメリカ人は「まぁ確かに日本人の口には合わないかもな」って、そうそう怒らないでしょ。日本のサッパリ系食生活を認識して「それはそれ」って尊重するからだ。だけど「マスコミ主導の韓流」ってのは食卓をなし崩し的に侵食している、無理矢理食卓に食品を乗せるだけの歴史の浅いエセ文化だ。だから「日本食よりも質の高い(はずの)食品なんだからウダウダ言わずに食え」って押し売りまがいの論調がまかり通る。

勿論俺もキムチだってコムタンクッパだってノリだって食うし好きな韓国料理は多いけど、毎日食ってられねぇし、それによって日本食が廃れるんだったらそれは問題だろう、もっと日本のコメ食えコメ!ということ。

2011.07.30 Saturday

死刑執行、当面は命じない…江田法相

どんな法律であれ常に議論があったりして各々の主義主張によって賛否両論なのは当たり前の話で、それが国家の運営にあたってある程度の「ゆらぎ」として存在しているからこそ極端な法律が出なくていいね、って話なのに、既に施行されている法律について否定の議論があるから大臣の個人的な一存で執行拒否します、なんてことがまかり通ったらこの国に存在するありとあらゆる法律は意味を成さなくなる。それだったら議会で法律なんか決めなくても独裁制で十分だ。死刑を執行する事は法相の義務として決められているのだから、その法相が法律に背きたいなら即座に辞めたらいいんでないか?

結局自分の手を汚したくない、後々の選挙にも影響するから悪者になりたくないという自己保身の結果がこれなんだよな。自民党政権時代にも死刑を自らの思想信条に則って拒否した奴も居て、これも勿論ノー。まぁ任命した総理大臣がマトモに仕事してないご時世で法相に仕事しろってのも無理な話かもしれんけどね。

2011.07.29 Friday

人権委調査、強制力なし…政府救済法案の骨格
>委員は地方参政権を持つ人に限定し、外国人が就けないようにする

骨格が固まったと言いつつもこの最後の所で骨抜きになってしまったわけですが、永住外国人地方参政権の付与を推し進める民主党がこんなアホ法案を出すこと自体が狂ってる。なぜ国籍条項を付けなかった?それだけで話はだいぶシンプルになったはずだ。なんなら国政参政権でも良かった。この法案によって守られるべき人権とは何か。人権侵害とは一体何なのか。それを決める裁量権すらこの委員会に預けてしまう、そして1回この法案が通ってしまえば後々に修正案として国会に上程することも出来るから、最初はとにかく当たり障りの無い内容にしておいて、その頃にまだ民主党が存在していたら好きなように変えてしまおうという魂胆が見え隠れしている。

人権救済法案の「基本方針」法務省、来週にも公表
>将来的に永住外国人に地方参政権が付与された場合、外国人も就任可能となる

こちらは産経ソースだけども、ちゃんと永住外国人の地方参政権に関する記述があるので、複数ソースで見るのは重要だなぁ…と。

2011.07.28 Thursday

Tweetvite :: F.R.T.C

木曜日は茶箱にて行われたRez〜Child of EdenファンイベントF.R.T.Cに行ってきましたよ。今回はHDプロジェクタの大音量!大画面でChild of Edenが遊べる!ってことで、自宅でそれなりにじっくり遊んではいましたがやはり茶箱の音響の威力は凄い。Child of Edenは全体的に色合いがキラッキラしたゲームなので、明かりを落としてプロジェクタで遊ぶと本当に綺麗だなぁ…と。

その後、Rezの1面の曲でお馴染み!開発者の杉山圭一さんライブ

357893098.jpg 357927764.jpg 358114589.jpg

んで最後は配信をカットしてのオフレコの開発秘話トークショーとか。内容は流石に書けないが、Child of Edenの凄い隠し要素とか聞いてちょっと興奮した。これは頑張ってみようって気になるなー!あと質問タイムで10年来の疑問だった事を聞いてみたらすっかり氷解してスッキリした。いやー面白かった。また茶箱でこの手のゲームイベントあったら協力していきたいところ。最後にRezサントラとChild of Edenに杉山圭一さんのサインもろた!とりあえず神棚に奉納しよう!

2011.07.27 Wednesday

ほぼPV4専用? 小型AD変換機 DCT-4

CPUをXeon E3-1260Lにした新マシンを組むぞ!と決めてから、PV4が足かせとなって選択に結構な制限が出てきてしまっている。PCIバス1本搭載のmicroATXマザーであることが条件の上に、一番のネックは音声のRCAアナログ入力をどうやって光出力に変換してPV4のコネクタに入れるか、ってとこなんだけども、このDCT-4を使えばサウンドカードを経由すること無く変換だけ出来る!PCに関係ないとこで変換してしまうのでマザーボードの自由度も広がると良い事づくめ。マッハで発注するなどした。

マザボもメモリも電源も大体決まって、さて次なる問題はガワだ。microATXで組みたいなーと思っているのだが、シンプルな横置きケースを考えてはいるのだが、割とスタイリッシュなSilverstoneなどはATX兼用の横440mm程度のでっかいものが多い。なるべくなら幅300mm以下でフロントパネルにそれなりにI/Oがあって…という条件で考えていくと、Silverstone Sugo SST-SG01B-Fか。キューブ型ってだいたいminiITXマザーしか受け付けなかったりするのだが、miniITXだと今度はPV4がささるPCIバスが無い、とこれまた本末転倒。この辺が妥協点なのかなぁ。

2011.07.26 Tuesday

事故再発のリスクも=運行システムに重大な欠陥−中国高速鉄道

いくら技術的供給されてそれを走らせても、運用ノウハウの蓄積がほぼゼロだったら意味ないじゃないですかーの見本。今回は車両の欠陥などではなく(それはいずれ別の所で発現すると思うけど)運用システムの不備。素人目に見ても日本の鉄道運行システムってのは相当にガッチガチの複雑怪奇でプロ仕事になっていて、それでいて多少の遊びもちゃんと作ってあるという「習熟極まった」印象なのだが、キッチリ運行することに喜びを感じるお国柄だからこそというのもあるかもしれないね。はてさて中国の鉄道運用は高速鉄道に限らず一体どんな感じなのか。

高速鉄道 - Wikipedia

「高速鉄道の戦略など」の項にズバリ「即ち高速鉄道とは、他国の技術をコピーして、短期間で自国技術として開発できるようなシステムではない」とある。これ最近の技術移転話や知的所有権云々の話の後に書かれたのかな。すぐ後に今回の事故の話もあったりして、内容としては新しい。新しい技術だからと言ってあちこちの鉄道先進国から買い付けたとしてもそれを使いこなせるほどに習熟出来なければ意味が無い、ということか。いずれにせよ、高速鉄道がカマを掘るなんてのは下の下な話だと思うので、原因の究明結果が気になるところ。

2011.07.25 Monday

尖閣衝突の中国人船長、強制起訴へ

犯人の船長は中国に既に帰っていて、日本の巡視船に一発カマしてきたってことで英雄状態。当然その後は余計なことまでしないように中共の厳重な監視下にありそうだけども…(あるいは消されてしまうか?)犯人が引渡しされない(公判が開けない)と分かりきっている中での強制起訴決定、これはこれでグッジョヴな話ではあるんです。領海侵犯して船ぶつけたり危険な行為をした場合には逮捕して日本国内まで引きずってこれればその場で次からは起訴が可能になるということで。今回は政府(仙谷官房長官)が横槍を入れて勝手に中国に配慮して圧力かけて無罪放免にして更に話がこじれたということもあって、こういう前例作りは大事ですよ。

>那覇地検の平光信隆・次席検事は「理解を得られず残念だが、必要な捜査は行った」

それにしてもこの検事のコメントは何なんだろうね。あのYoutubeに流出した映像を、当初からこの検事たちは見られる立場にあったはずだ。あんな誰がどう見ても向こうからカマ掘ってきた相手の映像を見てそれでも起訴相当でない、必要な捜査をした、と判断できる理由がさっぱり理解出来ない。沖縄という土地ならではの、いわゆる親中派・左翼活動家の一派が検察にも入ってるってことなのかねぇ…?

2011.07.24 Sunday

菅直人「埋蔵電力があるはずだ! 経産省が隠しているんだろう! 早く出せ!」……もはやキチガイ

細野豪志さん数十兆円の埋蔵金ってどこ行ったの?

96兆円の埋蔵金がある、という話は2008年1月28日の毎日に掲載。まだ麻生内閣になる前、福田内閣の時の話で、結局彼らが言うような埋蔵金はどこにもありませんでした。人によっては外貨準備高をソレと位置付けて何兆ドルもあるじゃないか!と言ったりして、お前ら埋蔵金の定義をはっきりせい、と。それがある前提で、それを国民に福祉としてばら撒くというマニフェストで政権を取ったというのにいざ始めてみればありませんでしたと。赤字国債で予算作りますと。

今まで自分たちがさんざんそういった「ズル」で政権を担ってきたのに、電力が足りませんとなったら「そんな訳はない、隠すな、早く出せ」ってどんだけ都合がいい話なの。電力会社は発電によって電気を安定供給することでメシを食う会社だ。埋蔵電力ってのは電力会社のマージンとして取ってある小規模発電施設だけではなく、でかい企業が自分用に発電したり非常時に発電できるよう確保していある発電施設も含めての話だと思うんだが、最大の問題はその供給が「安定して継続的に行われるかどうか」だ。企業だって自分のとこの稼働が最優先だから、普段は余ったからって電力会社に売って利益としていても非常時はそうは行かない。他に回す余裕なんてない。その電気は自分たちのためにしか使えない。つまり埋蔵電力として政府にアテにされても困るのだ。

2011.07.23 Saturday

今日は久々に東中野に行ってホルモン商事で肉を食らう。なんか炙りたい気分だったのよねーってことで先週がハードすぎたので今週はこんな感じでジリジリと。んまかった!ユッケとレバ刺しは流石に取り扱いを止めているようだ。ガンマ線滅菌がもっとお手軽に出来ると面白そうなんだけども。

IMG_0505.jpg IMG_0507.jpg コムタンクッパが超うまい!

ソフトイーサ、フィギュア状の3Dモーションキャプチャ装置 〜フィギュアにとらせたポーズがそのまま3D CGに

多少無茶な姿勢もこれなら作れる!とかそういう感じのメリットがあるんすかねコレ。へーと思ってよく見たら開発元がソフトイーサとかでちょっと驚いた。ネットワーク関連ソフトウェアばっかり作ってると思っていたので…案外趣味の一環で作ってたら商品化出来るレベルになっちゃった、のかもしれないけども。

2011.07.22 Friday

外国人献金で予算委紛糾 首相、領収書の提出応じず

私はクロですって自白したようなもんだなコレ。国会にて山谷えり子議員の「外国人献金、返金したってなら領収書出せ。理事会でも決定で通達済みでしょ」という質問に対し、我が国の総理大臣は「収支報告書に記載しまっす(キリッ)」 と返答した。領収書は出しません、と。ここで言う収支報告書の提出となった場合は出るのは来年になってしまうし、今回の領収書の提出要請とは関係がない。今出したくない理由があるんだなコレは。こりゃクロだなー現役総理の公民権停止あるかもなー。大スキャンダルですよこれは。

以前に菅は「外国人献金に気付いて3/14に返金した」と国会で、公の場で返答している。ところが野党は3/10に保土ヶ谷PAでこっそりと秘書が返金したぞという情報を持っている。どちらが言っていることが本当か?それを明らかにするための領収書を「出しません、出したくありません」というのは何故?と常識ある人なら誰でも思うはず。

仮にこの領収書が存在した場合
3/10付 → 国会で「3/14返金」と答えたので虚偽答弁が成立
3/14付 → 3/10保土ヶ谷PAでの返金が証明されたら公文書偽造罪が成立

領収書が存在しない
返金の事実が無いと同じ事なので虚偽答弁が成立

どっち転んでもアウトだなー。果たして3/14付の領収書はあるのか!という所がキモ。多分無いだろうし頑張って偽造している頃だとは思うけど。

参院第1党の民主動く 「1円から領収書」案、国会へ

2007年、まだ今の民主党が野党だった頃の記事。ナントカ還元水問題とかの後で「1円から領収書作れコンニャロー」って大騒ぎしていた時代。自分たちが一番グレーな金を扱っていたというのに後先考えずに騒いだ結果がこのブーメラン。よもや領収書の重要性をこのように訴えていた連中が、いざ公正さを証明するために提出を求められ、それを拒むなんてのは天に唾する行為じゃないのかね?
1/4 >>