2012.04.30 Monday

M3行ってきた。会場はいつものTRCで、ここうさんがブース取っててお手伝い募集ーという感じだったので同行して荷物運ぶの手伝ったりとか。勿論CDも買う気だったので前日に試聴はバリバリやってたんですが、コミケとかM3とかのサークルチェックで試聴する度に思うのだがWeb埋め込みのSoundCloud再生バー、音量の融通効かなさすぎだよなぁ…あと同人ハードコア系ってスピードコアとかステップガバとかテラー系が結構強いんだけど、ずっとバカみたいにピアノバッキングが鳴り響いてるハッピーハードコアって本当にないなぁ…という感想。

朝一でホール入口んとこでウロウロしていたらM3スタッフの人が近づいてきて「あれ、お久しぶりです」って言われたけど名前と顔を一致させるのが苦手すぎて全く思い出せず「……えっ、あっ、ハイ…」みたいな反応してしまった…すいません…誰だったんだろう…とかずっと考えててtwitterでもそれとなく呼びかけてみたんだけど応答無し。んー誰だったんだろうなぁホント…とか午前中ずーっとモヤモヤしてた。結局ホール移動時にそのスタッフの所に行って平謝りしつつ聞いたら、大学時代の同期だった!!!十何年ぶりだぞオイ!!そりゃ記憶も朧げだわ!俺無罪!ノットギルティー!!いやーこれがどっかのクラブで挨拶したとか凄い前に同じパーティーに出たとかだと気まずいじゃないですか…一安心。(よくねぇ)

帰宅してからCDをモリモリ吸い出すのだが、CDプレスでケース入り仕様までやってある同人CDがなぜCDDBに登録されていないのか!またこの悲劇を繰り返すのか…人類は…!30枚くらいCD買ったうち1/3くらいがCDDB入ってなくてアイヤーと思ったが、最後に入れた本間さんの3曲入りCDが8cmなのにきちんと入ってたので清々しい気分で作業を終えた。曲作れない俺が言うのもなんですが、豪華ゲストとかリミキサーとか呼んでCD作っておいてiTunes突っ込んだらトラック名が「トラック01」で作者不明とか出るのって呼ばれた側は凄いガッカリしませんかね?って思っちゃうんですが。むしろCDDB入力の解説ページとかをイベント前にツイートすればいいのかな。次は夏コミなので今メモしておこう。

ipodの使い方 CD楽曲情報をitunesへ表示させる方法

2012.04.29 Sunday

そうそう、ヘッドホン修理したんですよ愛用のMDR-Z700DJさん。世界中のDJが愛用している(と思われる)往年のスタンダードと言えるアレですアレ。HDJ-1000のジョイント部が数年前に「ペキッ」と折れてしまって以来、これに変えて使ってたんですな。

MDR-Z700DJ | ヘッドホン | ソニー

イヤーパッドはボロボロになってもサクっと交換できるけども、今回ボロボロになってきたのはヘッドバンドの部分。ここはイヤーパッドみたいには交換できないのでオカダエレクトロニクス(エージさん)に修理依頼して、戻ってきました。昨日のIGNITIONで受け取ってそのまま実戦投入。ヘッドバンド部分がボロっボロだったのが新品の輝きに!最高や!こうやって長く使って行きたいものです。丁寧に使ってるんだなぁって褒められた。フフフ。音響のプロにこういう観点で褒められるのは嬉しいですね。

IMG_0981.JPG これでまた数年戦える!

2012.04.28 Saturday

茶箱にて新しいハードテクノイベント「IGNITION」でした。BEPPUさんと「ハードテクノイベントやりたいっすねー」という話を以前からしていてそれがようやく実現出来た形。アクトのラインナップは色々考えていて当初の予定から大幅に変わっているんだけども結果的にバランスが良くなっているという。

27日の次点で茶箱のプロジェクター新しくなったらしくて大興奮。BenQ製の新型らしい。HD対応の3000ルーメン!お値段も個人で全然手が届く範囲だし、交換パーツのコストが低いそうなのでいいなぁ。実際に映像出してみたらVJ用には眩しすぎるくらいで最近のプロジェクター業界マジパネェという感想しか出て来ませんがそういうことらしいです。

Hardonizeにおいて茶箱でハードテクノってのはずーっとやって来ているので自分のプレイみたいなのは大体確立しているのだけれどもセットはちょっと悩んだ。トップバッターがBoundRoundこと赤鬼くんなので140くらいで流してくるか?という予想で、重めのトラックはゲストの方々に任せてまず前半ゲスト前に小さなピークタイムを作るようにした。要は自重なしのファンキーハードテクノセットなわけですが、新譜を多分に含めた合格点プレイは出来たんじゃないかと思っとります。俺の後からゲスト3連荘で、ぐりこ姐さんはかなりセットが被ったとこぼしていたらしいけどグイグイ引っ張るナイスプレイ!そして何年振り?というレベルで久々茶箱に登場の川上さん!超重低音やばかった。asagaoaudio名義で知ってる人が多かったので、しまったーもうちょっとそっちの名前出して告知しておけばよかったーと後の祭り。

R0012483.jpg R0012437.jpg R0012472.jpg R0012480.jpg

ゲスト3人目はASETのドンことフロッピ先生で渋めのハードテクノをサクサク繋いでいく展開に大満足。当たるぶっぱは良いぶっぱ。最後BEPPUさんはハードダンス構成でRaiseもViva la revolutionも飛び出す派手派手セットでイベントの最後感がキッチリ出る!6者6様のセットだったけどバラエティ豊かで通してダレないイベントになったなぁ。ハードテクノで茶箱が凄い賑わったのって久しぶりな気がした(去年の夏のHarodonize以来?)ので凄い充実感あった。多方面からのご来場ありがとうございました。2回目なーーーーんも考えてないけど出来るといいな!

2012.04.27 Friday

マウスコンピューター「LuvBook X」先行プレビュー 〜1kgを切るカーボンファイバー製Ultrabook

1kg切りのUltrabook来た!ここまでやらねぇとMacbookAirに勝てねぇんだよ大メーカーも爪の垢煎じて飲めっての!久々にPCニュース見て興奮した!そもそもUltrabookって拡張性を犠牲にした上で良いスペックを薄型筐体に詰め込んでMacbookに対抗しようぜみたいな気概の規格だと思うんだが「そんなのCULVノートに任せておけよー!」みたいな機動性が皆無なノートばっかり出て意味わかんねぇ状態が続いておりました。一番最初に出たUX31が未だに魅力として、Ultrabookの存在意義を体現するものとしてダントツだと思っとります。次点がDynabookR631か。

あとはSSDの容量とかBTO出来るといいよなー。あと11型は横1366で1kg以下、13型は横1600で1.3kg以下、みたいにUltrabookの規格化がされていくといいんだが。横1366液晶はコスト的にも一番安く作れるらしいのだが、やはり狭い気がするんだよなアレ。11型の時はいいけど13型でわざわざ1366ってのは意味わからんので1600x900が標準になってほしい。

2012.04.26 Thursday

Dropboxがものすごく簡単なファイル共有機能をリリース

firestrageが1ファイルあたりの容量で250MBと制限付いちゃったし、これからはDropboxでイベント録音とか長時間MIXとか配布する時代かな…と今まで全く使っていなかったのだがようやく導入する気になった。今までパブリック共有出来なかったんかいな?と思ったら「従来Dropboxでファイルを共有するには、公開フォルダーに移動したうえで、Dropboxのアカウント宛てに通知し、相手は受け取る際にDropboxへのログインが必要だった」ってことらしい。

Dropboxアカウント持ってない人にもファイルを渡せるということでは今回の変更は大きいので活用するようにしよう。

2012.04.25 Wednesday

4月下旬で世の中的にはQRBという人も多そう。この季節、新人研修なども一通り終わりつつある頃だと思うんだけれども、あれって「会社のトイレ内の振る舞い」って教えてんのかなー。リトルジョーの時に先客に社長や別の部署の上司が居たら挨拶どうすんのとか、ポジションついてから横向いてすんの?とか…そういうの先輩はちゃんと教えてくれてない気がする!勤めてそれはもう長い時間経っておりますが正直今でも手さぐり感ある。

ついに登場したIvy Bridge「Core i7-3770K」の実力を試す

Ivy Bridgeの比較表を見たが、よっぽどハードに喝入れコンボしてクロックアップする用途以外ならば、つまり普段使いとして買うならCore i7-3770Tだろこれ…TB時は3.7GhzだしTDP45Wで省電力だしGPUは3770Kとまったく変わらんし…Xeon E3-1260Lに匹敵するお買い得ぶり。お値段も同じくらい(26〜28K円?)なのでお買い得といえる。んじゃ何が上位と違うのかと言えば、TurboBoost時の性能かな?TBの時はステートP0でない(フル稼働でない)コアがあるかどうかで出来るかどうか決まるから、4コアフル稼働させるプログラムの時に差が出るんじゃないかな多分。2コアくらいしか使わないやつだと差が出にくい、みたいな感じか。

排熱がイマイチみたいな話も聞くがSandyのスタート時も不具合があったし、その辺が改善されたロットになればグラフィックもHD4000てことで十分いけるんではなかろうか。

2012.04.24 Tuesday

奥田民生さんのライブで大反響 − 『お持ち帰りCD』の魅力とは?

ライブ盤がその日のアクトが終わった直後に購入できるってのはいいなぁ。会場限定のグッズとして確実に売れるわけだし、ライブ会場へ足を運ぶ事の付加価値としてはとても魅力的なのではなかろうか。以前にエレクトラグライドでUnderworldのその日のアクトをCDで購入できるってのがあったけど、あれも後日何ヶ月してからの発送だったのでその日に手に入るってのは凄い。

ジャケットやスリーブを予め用意してあって、そこにCDデュプリケータを大量に用意して焼きまくるという、手法としては原始的だけども「まぁ確かにソレ以外はないわなー」と思うやり方。ここでも太陽誘電ってまだまだ安定のブランドなんだなぁというのがわかって面白い。あとこの手法が使えるのが電源が安定して供給できる日本ならではってのも面白いね。

2012.04.23 Monday

annsFM download

普段愛用していて「多分これ無くなったら仕事にならんのちゃうか…」と思うくらい日常にド密着したファイラーことWinFMをベースに、1から書き起こされたというINIファイル使用でレジストリも汚さない持ち歩き可能ファイラーが出たとか素晴らしい!マジ素晴らしい!!WinPE仕込んだUSBメモリに入れたりしておくと起動しなくなったマシンからのファイル退避も素早く出来そう。昔の法人用PCとかはバラしてHDD取り出すのが結構面倒くさいものもあったりするので…

エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.130 システム移行はクール&スピーディにキメる。Apricorn「SATA Wire 3.0」の速さに瞠目せよ

HDDからSSDへの移行を妨げる大きな理由の一つに「OS入れなおすの面倒くさい」があると思うのだけれども、無料のパーティション・HDDイメージ操作ソフトを駆使して出来なくもないがもうちょっと簡単に出来ないかなーという所にこれ。HDDからSSDへの移行をマッハで行うためのアダプタとソフトの組み合わせ!価格も3000円くらいで妥当な感じだし、移行後も添付のケーブルはSATA<->HDD変換ケーブルとして普通に使えるので良い感じ。(利用できるドライブはバスパワー駆動が可能な2.5インチHDD、もしくはSSDに限られるとのことなのでそこは要注意)

2012.04.22 Sunday

ユニットコム、59,980円のUltrabookを4月22日発売

ウルトラブックの安いのが出た!と思ってスペック見てみたら、液晶が14型で1366x768とか…なんというガッカリスペック。こんなのではCULVノートの時代と全く変わらん。しかもウルトラブックの規格上、バッテリー交換やディスク交換に制約が付いている分、よりガッカリ感が増しているといえる。何時になってもASUSのUX31を超える「頑張れる感」を持つ機種が出てこないなぁ。

まぁPCDJで使うという視点で見ているのでメーカーの人にとってみりゃ「知らんがな」なんだろうけども、どうせならUX31とかDELLのXPS13ばりのフォルムに液晶は1600x900以上の解像度、んでCPUはCore i5の上位の方でメモリは4GBありゃ十分、トドメにSSDは256GBあれば数年は戦えるマシンになると思うんだがなぁ…それで重量が1.4kg以下なら大体納得が行く感じになるっていうかそれがUX31なんだよ!でもキーボードが凄く残念らしいんだよあの機種!

2012.04.21 Saturday

昼前までぐっすり寝て(最近仕事もそれなりにハードだったし…)夕方から茶箱のas U likeに顔を出した。本日のゲストは横浜のDJ GEEPさんということで、naoちゃんから相当の技巧派と聞いていたので楽しみ!持ってるレコードも多岐にわたってかなり色々なジャンルがあるミクスチャー派とのこと。ヘェと思ってみてみたら、最初はハウスっぽい選曲から徐々にミニマルテクノの方に寄ってきて、トライバルビーツが入ってきたと思ったら急にSpastikやFlashやAcidTraxやStart it upまで入ってきて、自由!

IMG_0970.jpg しまいにはツールドフランス!

ミキサーの使い方も見ていたんだけどもハウスっぽい感じじゃなくてどちらかと言えばテクノっぽいEQの使い方をしていたので下地がテクノ方面なのかなーと思いつつ興味深く観察と分析。MIDとLOWを主に使いつつハウスの時はMIDで曲をガッと切り替えて、後半はLOWの方を切り替えの軸にする感じが面白かった。こういうミキサーのイジリ方でもその人の遍歴とかが垣間見えたりするので面白いんだよなー。

福台さんで打ち上げやって、「よるわらー」という電波が飛んできたので日付が変わる辺りで吉祥寺に移動。笑門で朝までだらだらと楽しい一時。今宵も良い夜笑であった…!
1/3 >>