2014.11.30 Sunday

IMG_5451.jpg IMG_5453.jpg モーニング食って朝練おじさん
IMG_5454.jpg うん。アベレージ的にも良くなってますね。家ダーツ効果出てるな
IMG_5456.jpg お昼、ねいろ屋にて。

ここでラーメン食べたのはまだ名前が二葉だった頃か。ねいろ屋になってからはカキ氷を一回食べたっけ。それ以降なぜか何度行っても閉まってたりして、ようやくねいろ屋名義のラーメンである。帰宅してからBeatport巡回。精算しようとカートの中身33$に対してBPから来てた25%オフクーポンを適用したら、-5.96$って出てシットである。そろそろロスレス加算にも適用してくれんかなぁ。大した金額ではないにせよ。

IMG_5457.jpg IMG_5458.jpg 夜は新宿西口方面のサバイサバイにて

タイ料理をたらふく食った。明日も頑張ろう

2014.11.29 Saturday

昨晩は日付が変わって終電で吉祥寺の笑門へ。本当に最後の最後、閉店です。

IMG_5423.jpg IMG_5424.jpg IMG_5437.jpg 会費出して「後はその辺の酒適当にやってくれ」スタイル
IMG_5425.jpg IMG_5431.jpg 酒は純米 燗ならなお良し。
IMG_5426.jpg IMG_5438.jpg IMG_5445.jpg IMG_5444.jpg IMG_5447.jpg 10年の歴史に幕。お疲れ様でした。See You Next!

最後はヨルワラな面々が残った感じで、朝7時半くらいまでダラダラと話してお開き。お店自体は10年の歴史だけどもいわゆるヨルワラに行き始めたのは2012年2月なのでもうすぐ3年ってとこだったのか。ここまで思い入れのある店が無くなるってのは今まで正直経験が無いので、何とも複雑な気分。ともあれお疲れ様でした。

IMG_5448.jpg 形見分けというわけではないが、笑門で頂いてきた新品の猪口。

これが最初に使用されるのは何時かと言えば、そう遠くないヨルワラ復活の夜。それまでは包み紙に入れたまま飾っておくと決めたのだ。

2014.11.28 Friday

昨晩はHardonize Radioだった。



残業祭りでラジオ開始時間ギリギリに家に着いて慌てて準備していたら、MIDIコンが反応しなくてWebカメラが1つ映像が出ない。神は死んだ…という悲しい事件が起き、神頼みでケーブル抜き差しやめ!!!!!!アナログだ!!!今日はアナログやっぞ!!!!って感じで仕方なくアナログオンリープレイとなった。Syncマジ便利。痛感した。納得行く精度出たらもう前の曲が半分くらい行ってるんだぜー。まいっちんぐですよ本当に…機材にここまで見事に裏切られたの初めてだなー。人間がワタワタしてると伝染るんだな。まぁねじこんだ。何とかした。

放送終了後、音は出るくせに何度抜き差ししても再起動してもピクリとも反応しなかった(MIDI信号送らなかった)Xone K2さんはドライバ上書きして再起動したらあっさり動いた。ムキー。OBSでの2カメ映像も色々やってるうちに出たのでもうフテ寝。

Windows 10はFLACコーデックをサポート - PC Watch

TRAKTORで云々してる時にタイムリーだなぁ。でも時代が追いついたで!

2014.11.27 Thursday

毎朝「いやー電車遅れちゃってー」とか適当な理由で頻繁に遅れて来る社員に社長がまじおこで「お前ら全員8:45出社だ!」と号令をかける事案発生。とばっちりを受ける真面目出社組…時間にルーズってマジ害悪だし、そのとばっちり食らうのだけはホント勘弁してほしいナァ。と思ったのだがどうやら対象者が謝りに行ったのか何なのか、しばらく保留ということになった。電車の時間ようやく調整利いてきたので、いきなり出社時間変えろって言われてもね。助かった…

TRAKTORでFLACデータをTrackCollectionへのインポート/アナライズする際にFLACファイルにも情報を書き込んでくれない問題、NIからの回答が来て「FLACはID3じゃなくてVorbis Commentだからじゃね?」とのこと。へぇー!FLACってそうなのかー。

Vorbis comment - Wikipedia, the free encyclopedia

あれ?それならば一旦TrackCollectionから削除して再度インポート・アナライズした際にFLACファイルへの解析結果書き込みがきちんと行われる理由が理解できんやろ。何で最初に両方やらんの??って話にならんか普通?フォーマットで挙動が違うのはわかる。でもTRAKTORはFLACファイルへの書き込みが一切出来ないとかそういう訳でもなく、2度目のアナライズではちゃんと拡張領域に「TRAKTOR4」タグを生成して曲情報を書き込んどる。それを何で最初にやらんの?ってまた聞かないとなぁ…再度NIに長文御免って感じで質問を送った。FLAC愛好家としては今ひとつ納得がいかんのよねこの問題…別に今後はそうでもないんだけの、ちゃんとMusicFolder側にBPM出るように8700曲のインポートを2回もやって、当方30時間かけたんですよ。30時間。フォーマットによる挙動の違いで本来は半分で済む所を倍かけたとなれば、バカバカしくないですかーって気持ちはちょっとある。

ちょっとじゃねえよ。嘘。スゲエある。

2014.11.26 Wednesday

SSDの話。

どこの会社でもそうだけど、半端に古いスペックの(XP時代の)PCとか使ってるとHDDガリガリやってるだけで寿命が尽きそうになるので、メーカーが「SSDで減らせる大残業、削ろう無駄な人件費」みたいなセミナーやったらいいと思うんだがなぁ…

もうこの際、SSDを使うこと=意識高い、みたいな勘違いステータスが流行っちゃえばいい気がする。後は日経で特集してガイアの夜明けで残業減らした事案とか紹介すればオッサン連中も納得するだろ!そしたらバーコード頭のエライ人が「あー○○君、えーとなんだその…SSD?残業削減にいいそうだね?わが社も着手してみないか」「ハイ!」みたいな光景になるはず。なれ。なりやがれ。

あとは新興宗教ソリッドステート教みたいなのが出来て布教したらいい。「全ての人々を回転するディスクから解放するのです…」みたいな教祖を据えて。HDDの磁石に魂を引かれた愚かな人々を変えていく…みたいなの。「法人だからこそ、まだHDDを必要とする場面もある!」と各地のDCに立てこもったHDDレジスタンスたち、しかしソリッドステート教徒のテロ行為により近所の変電所に異変が…DC内の緊急発電施設の燃料が尽きる前に反撃を…!みたいなの。ないか。ねぇよ。もっとSSDは妙な方面から流行ってもいい。雑誌の広告で両脇に女子を抱えてSSD風呂に入っている男がドヤ顔していてもいいし、ジャパネット社長が「ランダムアクセスが何と100倍!100倍ですよ!」って言ってもいい。

2014.11.25 Tuesday

traktor_import1.jpg 前から疑問なんだけどこれ

SSDの交換が無事に終わって大容量を手に入れたので8000曲くらい調子に乗ってブチ込んだんですけどね。20時間くらいかけてコレクションにインポートして同時に始まるアナライズが終わったデータをミュージックフォルダーで表示させてもBPMが出ないの何でなん…???新たにキューを打つなど何かしらの変更を加えてようやくファイルにメタ情報が埋め込まれて表示される感じ。謎だ…FLAC固有ってセンがあるのかなー騒いでる人の少なさとかそもそもそれを問題にしているような記事が見当たらない点を考えると。

traktor_import2.jpg インポート・アナライズした楽曲なのにタイムスタンプが変わってない…

インポートと解析が終わっても collection.nml に保管されるだけで実ファイルのID3タグ領域には書き込みをしてないってことだなー。これまとめて反映させる方法無いんかな本当に…と思って一旦インポートした8000曲をコレクションから削除して、Music Folder側で改めてアナライズかけると今度はファイルのタイムスタンプが変わっていく…collection.nmlと同じ解析情報をファイルのID3タグ領域に書いてくれるだけでいいのになぁ。また20時間待たないとあかんのこれ???何で初回インポートと一旦コレクション削除してから同じ操作やる場合の挙動が違うのだ…???理解に苦しむ

TrackCollection閲覧時はcollection.nmlの情報が表示されます=わかる
MusicFolder閲覧時は埋込まれたID3情報が表示されます=わかる
インポート時の解析結果、初回はcollection.nmlだけに書き込まれます=解せぬ

もう色々考えるのが面倒くさくなってきたのでNIの質問フォームから長文書いて送った。これで何かわかるといいなぁ

2014.11.24 Monday

Zenbook UX31AのSSDを交換した話。

前置きとして、以前にも書いてるけどZenbook UX21/31に搭載されているのはSandiskのU100もしくはADATAのXM11となっている。この2種類のSSD、実は特殊も特殊、コネクタのピン数的にはmSATAと同じなのだがなんと配列が違う(らしい)というニッチの極みな仕様。ASUSの中の人が一体どんな面持ちでこの配列のSSDを採用したのかは知るべくもないがとりあえず猫のうんこ踏めという感じである。発売前の時点でmSATAの規格は大体決まっていたはずなのに敢えてである。もう一回猫のうんこ踏め。

結果的にこの世代のZenbookにおいてSSDの交換・容量増はほぼ不可能という有り様であった。しかし9月を過ぎて救世主現る!M.2規格のSSDをこの特殊mSATAコネクタに変換するというニッチ需要の極みを攻めた変換ボードが出たのである!!海外amazonでの喜びの声を紹介しよう。「Lifesaver for Zenbook owners」である。その通りである。そんなわけでU100やXM11よりもずっと安価で手に入りやすいM.2規格のSSDがZenbookに装着出来る事になったのだ。以上、前置き終わり。

さて交換の話。今回用意したのは下記2つ。

IMG_5392.jpg Zenbookの救世主たち

M.2 NGFF SATA SSD to ASUS Zenbook UX21/UX31用 18pin SSD 変換アダプタ
Crucial CT512M550SSD4(M.2規格 2280サイズ)

PCDJ用のPCに換装する目的でデフォルトの128GBでヒイヒイ言っていた事もあり、どうせやるなら大容量、3年以上は寿命を伸ばしてやろう!ということで512GBをチョイスした。海外のamazonでこのCrucialのSSDの256GB版を換装したよ!というレビューがあったのも機種選定には役に立った。XM11やU100を買うより安いとは言え、なにせ3万円近いお値段を叩くのだからこの辺はちゃんと確認しておきたい。店頭でも店員さんに「これM.2で2280サイズですよね…?」と念押しして買ったりもした。と、SSD換装前にやっとく事があるよねー。

IMG_5388.jpg ディスクイメージを取る。今回はMacrium Reflectを利用した

何せ今入っているのがニッチなSSDなので取り外して他のPCに繋いでイメージを取るなんて事は出来ない。イメージ取得ソフトをCD起動させてUSBのHDDに吸い上げるという手法を取った。Macrium ReflectはWinPE仕様のレスキューCDが作れるので最近の機種でもあっさり動いてくれるのが良い。何せタダだし。この作業で取得できたイメージは108GB。容量的にギリギリまで使っていたなー。ようやくこれで換装に移れる。

IMG_5393.jpg 基板のコネクタにはまずSSDを斜めに挿す→倒す。メモリみたいな扱い
IMG_5395.jpg 続いて付属のネジで固定する。ナットを挟んでスペーサーにする
IMG_5397.jpg さあいよいよZenbookを開けていくよ。T-5のトルクスドライバーが必要

トルクスドライバーで裏に見えてるネジを全部外すと裏蓋はあっさりと外れる。拍子抜けするくらい簡単に外れるし予め要注意なケーブル等も無いので部品へのアクセスについて難易度はとても低い。SSDはど真ん中に鎮座しているので「このシール剥がしたら保証外やで」と書かれたシールを容赦なく剥がしてプラスドライバーでSSDの固定ネジを外す。

IMG_5400.jpg 内蔵されていたのはXM11。今までご苦労!
IMG_5401.jpg 固定ネジ同士のバッティングも無く収まった
IMG_5402.jpg 裏蓋を閉めてBIOSで確認。認識してる!やった!

裏蓋を取り付けてネジを全部締めてBIOSで認識しているのを確認した段階でほっと一息。現在はSSDに何も入っていない状態なので再びMacrium ReflectをCD起動させて先ほどイメージを保管したHDDからイメージをリストアする。このソフトの更によろしい所として、リストア先のディスクが前のディスクよりも大きな容量の場合にはパーティションサイズを最大に拡張させてリストア出来るという事である。この機能は今回の要件にもピッタリなのでソースファイルとターゲットディスクを選んだ段階で「Partition Properties」をクリックして「Maximum Size」ボタンで最大容量まで確保する。

IMG_5406.jpg Original Sizeが119.14GBでMaximum Sizeが476.84GBになってる
IMG_5407.jpg イメージのリストアなので内容は同じなんだけど空き容量が全然違う!
Zenbook_Disk.jpg 復元完了後。デバイスマネージャでも型番出てるし空き容量もでかい!

本来この容量を手に入れたければ機種をUX32VDとかUX32LNとか換装しやすい機種にした上での話になるのだが、本体価格プラスSSDの価格となると12〜13万くらいかかってしまうわけで、今回は丁度3万円で容量を4倍化することが出来た。それ以外の部分ではパワー的にも申し分ない機種だったのでこれで相当に寿命を延ばせたと思えばいい買い物だったし有意義なトライだったのではないかなーと思う。

2014.11.23 Sunday

昨晩遅くに長野で地震。

震源地を確認した瞬間、さすがに心臓がバクンてなったおじさん。震度6弱が実家の隣村で一応電話してみたが、結構ケロっとしてたので良かった。まぁあのへんは地盤も硬いしな…「とりあえず大丈夫なのね?まー何事も無けりゃーいいけどさー」って話している間も小さな余震が来てたみたいだ。無事を確認出来たので電話は早々に切ったけど…停電も無かったみたいで。あの辺は停電したら寝る以外することないからな!本当に!!!マジあの辺は山ばっかりで土砂崩れの恐れがあるっつって家を出ても「街灯は甘え」と言わんばかりの地域が多くて何というか夜は闇。ムササビが飛ぶ。フクロウと目が合う。キツツキに起こされる。狸が罠にかかったと思ったら熊。そういう素敵体験に溢れた土地。

IMG_5411.jpg IMG_5414.jpg IMG_5417.jpg IMG_5419.jpg IMG_5421.jpg リアニに行ってきました

いわゆるテクノ勢がタイムテーブル的に冒頭に持って来られて、いよいよアマチュアテクノ勢の肩身が狭い感じになってるなーという事で朝テクノ気分で10時半くらいには中野駅前に着いてた。朝飯どうすっかなーと思ったけど何となくフラフラとカツサンドとビールに吸い寄せられて…その後、氷結とコロッケというカロリー的には相当な感じのアレが昼飯になった。屋外で頂くのは開放感があってよろしいなーと思ったのだが、過去最大級の入場数で夕方にはもうキツキツだった。これまた新宿が恋しい。

アクト2つくらい残して帰宅。後はUstで鑑賞。

2014.11.22 Saturday

どようびー。

いい天気だから秋葉原行ってM.2のSSDとT-5のトルクスドライバーをゲットしに行くか…と昼前に思い立ったのでついでに昼飯食ってこようと思った。電車に乗ってから三連休だってこと気付いたよ…えらい混んでたなぁ。事故か何かで中央線遅れたりしたんだろうか。とりあえずM.2規格は結構ニッチなのでタッチの差で買えませんでした、みたいな事態は避けようとSSDだけ確保しておくことにする。目的のブツはネットで調べた最安値と同じ価格でゲット出来たので満足である。

IMG_5386.jpg Zenbookの分解に必要なトルクスドライバーもゲット
IMG_5385.jpg 昼飯ムシャリ

何となく変わり種チャーハンに惹かれて十年ぶりくらいの勢いで僕らの学食、雁川に入ったけどすげえ混んでるな…もっとまったりしていたイメージあったんだけど、まぁ連休だってのもあるか。その後「そういや100円シングル台とかいうクソみたいな扱いされてたバーチャ2どうなったかなー」と思ってHey行ったらTAKくんに遭遇したので少し話し込んだ。バーチャは消えてた。

IMG_5387.jpg 地元に戻って特訓モード

帰宅してからZenbookのバックアップイメージをUSB経由で取ってSSDを変換基板に乗せてばらして現行のSSDを外して新しいのを付けて…ということで特に大きなトラブルもなくSSDをは換装完了。BIOSで認識しているのを見た時はウッシ!!って感じでしたね。詳細は後日まとめ記事を書くとして、この先全く換装が出来ないとすれば本体の買い替えも考慮しなきゃいかんな…と思っていた矢先なんで本当に良かった。

2014.11.21 Friday

新宿メシを開拓継続中。そうだ、役所メシ食ってみよう!と思って新宿区役所まで足をのばしたら耐震工事中で暫く営業お休みとか張り紙があってガガーンとなったおじさん、宇宙(そら)へ……!。

「Samba3でPDC/BDCやってる環境でPDCこけたら同一セグメントでない端末はどうやってBDCに辿り着いたらよいのか問題」に突き当たるおじさん。なおSamba3なのでDNSでの解決は使えないものとす。

そうなるとやっぱりLMHOSTSに直接書くべきかねぇ…Samba4にしたのであれば「端末いじるよか拠点ルータのコンフィグに直接PDCとBDCのIPをDNSとして書け」で解決する問題ではあるんだけども、今の環境からだとDC切り替え移行やらDNS立ち上げやらLDAP機能移行やら、そんな大掛かりな作業したくないからなぁ…Samba3がドメイン内でセカンダリWINS使えたらあるいは…と思うんだが、そうは行かないようだ。
1/3 >>